五月の深緑にC56通る(山科)

DSC_6500s.jpg


今日は「北びわこ号」運転日、久しぶりに一番電車で京都へ向かいました。昨日の大雨の性か空はまだ一面雲が覆いつくしはっきりしない天気です。前回は青空一杯でしたのにそうなるとどう写るか?寒けりゃ煙も出るんですが今日は夏日になるかもと。。。
でも昔を思い出しじっくりとJRの時刻表とにらめっこです。今回は時間優先でいつもの大山崎経由でなく大阪駅から直で快速乗車です。これも身体第一にして朝も慌てずゆとりを持ってお出かけです。
さてD51が走るのか?でも昨日のネットでは疑問が、先日C56が試運転してましたから覚悟してました。やはり梅小路には特徴あるテンダと圧力弁?から噴き上でる蒸気の噴射!

DSC_6509s.jpg

まずは本日の目標、トワ罐牽引と予想つきましたので山科大カーブ走行を撮ろうと思いましたが 東山トンネルから出てくる目玉ライト、う~んはっきりしない、見失いました。またあとから追いかけきた快速に被られ更に見失いました。視力低下かと?不安に。しかし直線区間になり並走してきました。快速が先に通り抜けるかと思いきやゆっくりPFと並走です。山科のホーム端にはご同業が待っていますので遠慮気味に並走でどっちが先に出るのか? 被られを半分覚悟しましたがセーフ、感謝です。反対側ホームに居て良かったです。ちなみに私一人です。


DSC_6514s.jpg

DSC_6521s.jpg

DSC_6527k.jpg


DSC_6529s.jpg


DSC_6533s.jpg  さて美しかな(^^。

家を出るときはこれを撮ったら帰るつもりでしたが時間もまだ早いし何処かで待避するはずだからまだ撮れると欲が出て追いかけてしまいました。 結局米原まで行ってしまいましたが(^^;、予定外の散財でした(笑) 次回は さてどうしようかな(^^)
2017/05/14 山科 EF65-1124牽くC56160 → このつづきこちらです

見渡せるカーブ(春日野道)

昨日の甲種が通過する前にやってきた5070レです。桃だと撮る気もなかったのですがEF200-20なので テスト撮影も兼ねて(^^)ちなみにこの阪急春日野道のホーム上にいるといつも下からカレー・パンの美味しそうな匂いが漂ってきます(^^)

DSC_6464v.jpg

DSC_6457v.jpg

DSC_6459v.jpg

2017/05/09 灘ー三ノ宮

珍しマヤ35甲種+ヨ(春日野道)

久しぶりにデジイチで撮りたくなるような列車が走りましました。本州の西の端から北の北海道まで行くそうです。珍しい車輛 ヨ が付いて、ヨは全く撮っていませんでした。滅多に運用機会がありませんからね。  蒸気現役時代には車掌車は当然あるものなので極めて自然に撮っていましたが、私のデジカメ時代はJRということでまったくお目にしない車両となっていました。ワムにしても当然あるものと思っていました(笑) まさに鉄ちゃんご無沙汰期間が長過ぎたようで浦島太郎状態でした(笑)
それで昨夜ネットを見ていますと珍しいのが紹介されていました。これは何かと考えてる間に写欲が湧いてきました。さて撮ろうと思うといつもの如く迷いが定番の”さくら夙川”カーブの踏切か?でもあそこでは立ち位置が危ない迷惑がかかる、後姿が撮れない、それならいつもの西宮駅撮り?でも阪神国道からJR西宮迄歩くのもなぁ、歩きたくない(笑) そうこう迷っているうちに時間は過ぎていき空も怪しくなってきました。ならば屋根のあるあそこしか、後姿もサイドから撮れる。ということで三宮行普通に、現地到着も後続の三宮行一本待つだけでやってきました。おかげでその前のEF200-20牽引の5070レも正面撮りできました。雨も降らず雨は撮影後帰宅時に降り出したというラッキーでした。最初は京都までの追っかけるつもりでしたが諦めがつきました(^^)

DSC_6466s - コピー

DSC_6468s - コピー

架線と線路がライトに照らされました。カッコいい(^^)

DSC_6476s.jpg

きっちり養生されていますね。奇麗な塗装でカバーされているのかと思いました。^^)
眼も前通過はこちらのサイトで


DSC_6477s.jpg


DSC_6479s - コピー

DSC_6487s.jpg

DSC_6495s.jpg 灘駅通過

2017/05/09 灘ー三ノ宮 EF200-19+マヤ35+ヨ 

トンネル三昧その1(大津隧道)

昔から馬蹄形のトンネルが好きでした。煉瓦造りの半楕円形の丸い入り口、
明治時代の鉄道技術の粋を集めて作られたその形に魅了されます。
”このトンネルを抜けると明るい未来が開ける”なんて、そんな文学的なことではなく
トンネルを抜けるとどんな景色が広がるのか湧く湧くします。そんなロマンに浸れます。蒸気を追いかけていた昔に戻れそうで(^^)
あれが真四角の角張った地下鉄や高速導のトンネルの入り口では何も感じません(笑)

DSC_6258s.jpg

2017/04/29 山科→大津 快速の車内より

軌跡いや奇跡の撮影でした(山科)

先日の東山越えから(^^)
京都で国鉄型に乗りたくって湖西線堅田行に乗り換えました。そして発車時のドン付き(SL時代の旅行を味わいながら加速していきます。電車は東山トンネルを抜け山科の大カーブに入りました。そして車体は進行方向を東西に変えます。
いつものように景色を眺めていると ”あ! 新幹線” はじめて並走する姿を見ました。
あそこが新幹線の線路かと! 感激しつつカメラを向けました。どこまで並走するのか?また視界に入っていくのか?ドキドキしながらシャッターを切りました。
あっという間にビル群に阻まれ見えなくなりました。これだけ離れていると全長といわねども本体が撮れましたね(^^)
ほんと感激しました。これでまた新しい楽しみが増えました。

DSC_6241ka.jpg

  ↓ これが元画像です。

DSC_6241s.jpg

DSC_6242s.jpg

DSC_6243s.jpg

DSC_6244s.jpg

DSC_6245v.jpg

2017/04/29 山科ー京都
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR