トンネルを抜けたら佐伯駅

日豊本線大分県下佐伯、臼杵、津久見と名前に惹かれて何度か降りました。
何とか由緒ある地名と蒸気を題材に残せないか?と途中下車しては海沿いの線路を歩きましたが。。。。。

これはトンネルから下り貨物が飛び出して、否、抜け出してきました。
前回ご紹介の市棚に待避中の混合列車を 「しいば1号」506Dの車窓から撮り佐伯(15:37時刻表)下車しました。
そして駅を出て上り方で この591レ(16:35-16:52)を待ちます。 

PICT1611s_20121105190846.jpg

いつ頃撮ったのか?S48or49年?頭が眠ってます(笑) 昭和49年2月もしくは3月 佐伯にて D51382

何の木か?それさえ分かれば季節が分かり年も分かるのですが花に疎いもので(笑)

補足 11/0619:30)
白梅のようです。(^^) 
すみません 佐伯駅はこの後ろ進行方向後ろにあります。後追いを撮っていませんでしたので
説明不足でした。



PICT1610s.jpg


汽笛一発 !

PICT1612sa.jpg



PICT1613s_20121105190846.jpg


佐伯編 続きます(^^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 城山トンネルのこと

ノカキク 様
貴重なお話ありがとうございます。また興味深いお話またお願いいたします。
それから私の説明不足があったようで、このトンネルは佐伯駅の北側になります。ですから城山トンネルではありません。
大変申し訳ありません。誤解を生んでしまうような書き方をしてしまいました。
>佐伯機関区にはターンテーブルがありました。
佐伯は基幹駅だったんですね。夜中「みやざき」の窓から眺めた外に駐まっていたD51を思い出します。
今までそんなに認識していませんでした(汗)。。

Re: 白梅?

佐倉 様
ノカキク様のCMからしますと、これはS49年2or3月になります。(九州はS48年の3月、8月そしてS49年2or3月に行きました)
白梅に決定です(^^)我ながら良い感じに撮ってますね(^^)

城山トンネルのこと

佐倉さんのおっしゃるように、白梅だと思います。D51382は晩年の配属ですので49年の春でしょうね。若松にいたカマだったように思いますが。前にも書きましたが、城山トンネルは機関士泣かせの隧道でした。事故が頻発して、口の悪い助士さんたちは、近くにある火葬場のせいだの、城跡だからだの、若き日の私を脅かしたものです。南延岡区の廃止記念文集にそのことが書かれています。私も最後を飾って執筆しておりますが・・・。またいつか送ります。寝台列車の中で、この佐伯城の当主だという方にお会いしました。世が世ならお殿様だったのにとおっしゃっていました。また、佐伯機関区にはターンテーブルがありました。

白梅?

 線路際の白梅でしょうか、なかなか良い感じですね。
 と言うことは春先ですね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR