クレンペラー新しいCDが届きました

まず最初にお断りをレス遅れてますがお待ちをください。当時の時刻表を調べようとしていますがパソコンの中に入っており時間を確かめるのに不便でここはやはり紙でないといけません。紙に書き写して目で見て考えたいと思います。PCでは並べて見比べ検索できません。アナログ世代には慣れません。頭も固まってますし(笑)

英国EMI盤 10枚で一枚当あたり300円切ります。黄色いマークのお店です。昔アメリカ輸入盤ならいつもここへ漁りに行ってました(笑)    クレンペラーの続き物です。半分はダブルのですが持っていないCDも揃えたいので焼き直し再発売を機に買いました。あとベートーベンの交響曲全集も欲しいのですがこれは完璧にダブルので控えます。ちょっと節制しないといけません。
来週には「わが国鉄時代」の新刊が出ますし、これも予約しました。本屋さんまで行く電車賃と時間がありません(笑)通販楽ですねぇ。ポイント貯めてまた次号の「国鉄時代」で精算です(笑)
ほんの楽しみと言えばこれだけ、私が訪れた地も、また撮り逃した列車も何方が撮られていて楽しませて貰っています。

IMG_4883.jpg

ドイツ音楽は落ち着きます。簡単にドイツ音楽でまとめてしまいましたが(笑)今聴いているのは6枚目のシューマンの序曲集、彼の音楽はマーラーに共通する精神状態であったかと、時代が要求するロマンティシズムの違いはありますが。。。。。
今 後ろでシュトラウスのワルツが流れますがクレンペラーがこんな優しいロマンチックな演奏をしていたなんて顔からは想像つきません(笑)古典は古典は現代物は現代物、楽しいのは楽しく、左右のスピーカーから流れる各楽器の音がはっきり分かって楽しいです。このクレンペラーの演奏もっと世間的に認知されていればクラッシックのファンももっと増えたのに と思った次第で(^^)
IMG_4884.jpg

大好きな「新世界交響曲」 ゆったりしたテンポを想像していたらあに図らんやカラヤンも真っ青な軽快なテンポで進んでいきます。何と言っても各楽器の音がはっきり分かります素人の私にも(笑)それに第1楽章 ちょっとした繰り返しが出て来ました。今までの指揮者からは聴かれなかった繰り返し。
数年前抗がん剤治療を受けて無菌室に入っていたときこのドボルザークの新世界がどれだけ元気を与えてくれたか生きる力を貰いました。その時のCDはセル・クリーブランドでした。家内に家から「新世界のCD」持ってきてと頼みましたが
輸入盤がほとんどでしたので偶々日本盤で日本語だったジョージ・セルのCDを持ってきてくれました。でもこれもお気に入りだったので。。。。 新世界とベートーベン、ブラームスの交響曲は色んな指揮者で持ってます。
このクレンペラーも若い指揮者より早い演奏です。チャイコの交響曲も意外な感じで(^^)
第二楽章の有名な処、あの楽器 えーーと思い出した イングリシュ・ホルンです。。。この悠々たるテンポと広大な演奏 涙がでそうになります。

19:25 2012/11/01追記

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: オペラ序曲

佐倉 様
お孫さんが、うん良いですねぇ~(^^) 魔弾の射手は絶対にカルロス・クライバーです。他の指揮者とは一味も二味も違います。(笑)+J・シュトラウスのワルツなど最高に楽しいです。その指揮姿も(^^)
指揮はクライバー、ピアノはポリーニ、一時この二人ばかり聴いてました(笑)

オペラ序曲

 クレンペラーとは直接関係ないコメントで申し訳ありませんが...
 オペラの序曲は大好きで、オベロン、オイリアンテ、魔弾の射手、コウモリ男爵などはちょっと聴いてみた行きもしますね。
 孫(4歳)に魔弾の射手序曲を聴かせたら、今は一番のお気に入りになっています。ちなみに、フィガロの序曲とカルメンの前奏曲もお気に入りです。(笑)

偶に撮り鉄 様
いやぁ~お恥ずかしい。クラシックはこの人はどんな演奏をするのかな?と好きな曲に対しては何枚も買ってしまいます。長年聴いておりまとこの指揮者はこんな演奏やから、と買わずに済む場合があります。此所まで来るのにレコード何枚買ったか?
皆様が人生の楽しみにお酒を召し上がるように飲めない私には鉄と音楽が人生の友ですかね(^^)

郷愁紀行様へ

お待ち兼ねのCDが、届いたのですね。
文章から熱い思いが感じ取れます。
時には心を癒し、またある時には元気を与え・・・。
とても良い物を入手されて良かったです。
同じ曲でも指揮者や演奏者によって、イメージが変わります。
クラシックの醍醐味の一つでしょうかね?(^^)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR