後藤寺に行けば。。。 (起行)

昨日の19626の続きのコマです。
後藤寺に行けば必ず行きますこの場所、川から見る鉄橋、線路から見る鉄橋、
いつも充実した撮影が出来ました(^^)

PICT0556s_20120627083203.jpg

昭和48年8月起行
PICT0559s.jpg


PICT0562s.jpg


PICT0563s.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

マイオ様
> うわっ。こういう構図でこの場所は初めて見ました。
そうなんですか?良かった。「こういう場所もありました」という記録になり良かったです。

> ここの鉄橋って線路伝いでなくとも別の(後藤寺からではなく伊田からなど)
> ルートで到着できたんでしょうね。

駅撮りと例の国道(?)の橋上から撮った写真ばかりなので記憶が両極端に固まり間が思い出せません。
当時の地図でもあれば思い出すのでしょうが。さっぱりです!歳とともに記憶も遠ざかりますわ(笑)

Re: 驚きです

くろくま様
> 中元寺川橋梁、この構図はくろくまも初めて見ました。
えっ?そうなんですか、探検家のくろくまさんなら絶対行かれてる思っていました。(^^)

> 想像ですが後藤寺駅から線路沿いを歩いて起行の先まで来られたのでしょう。
> 背景の山は船尾近辺ですからね。
> ここに腕木式信号機があったとは……。

だぶん「蒸気機関車」誌にガイドが載っていたのでは?と思います。奥にしまい込んだ本箱にあるかも?
この2本立ての通過信号川側から見えてるあの信号です。獣道でもあったのか(笑)
>
> ここの川、あまりに汚かったので殆どがサイドからの撮影になってしまいました。
定番の場所でしたね。偶に逆らって向こう側から撮ったりしてました。ただ逆光になってましたが(^^

この頃21時頃に眠くなり寝てしまい、それから23時くらいに目が覚めて2時頃まで起きてます。
まぁこの時間帯のほうが制作意欲湧きますが(笑)

お父様いかがですか?日中は暑く汗かきますが朝晩は涼しく寒い、気候の変わり目、
お互い身体だけは気をつけましょう。いや皆様も、蒸気現役時代を体験してる我々はいい歳なんですから(爆)

うわっ。こういう構図でこの場所は初めて見ました。
ここの鉄橋って線路伝いでなくとも別の(後藤寺からではなく伊田からなど)
ルートで到着できたんでしょうね。

驚きです

中元寺川橋梁、この構図はくろくまも初めて見ました。
想像ですが後藤寺駅から線路沿いを歩いて起行の先まで来られたのでしょう。
背景の山は船尾近辺ですからね。
ここに腕木式信号機があったとは……。

ここの川、あまりに汚かったので殆どがサイドからの撮影になってしまいました。

Re: 後藤寺線

佐倉様
>  ここは鉄橋をサイドから撮りましたが、こんな所でも撮れたんですねぇ。
>  初めて見るアングルです。

今となってはどうやってここに降りてきたか?思い出せません(笑)

>  バックのやまが写った一枚目、なかなか雄大なアングルですね。
この原画は空がもっと大きく入れていたのですが山を見ていただきたくトリミングしてみました。(^^

後藤寺線

 ここは鉄橋をサイドから撮りましたが、こんな所でも撮れたんですねぇ。
 初めて見るアングルです。
 バックのやまが写った一枚目、なかなか雄大なアングルですね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR