夜行最後部デッキより(  )

暑さと眠気で昨日の駅探し気力がありません。今日は作り置きより、

季刊「国鉄時代」が夜行列車の原稿募集しています。
夜行列車を定宿にしてました小生には思い出は一杯あります。
でも文章にまとめるのはどうも(--)

夜行と言えば私には山陰線では「さんべ3号」九州では「みやざき」に「かいもん3号」北では「だいせつ5,6号」
或る時は夜行の乗り継ぎ、夜行がすれ違う手前の駅で降りてやって来る夜行に再度乗り込みます。
これは高鍋で2度目の朝を迎える為にUターンします。
夜中2時過ぎに津久見か臼杵で降りて上り「みやざき」から下りの「みやざき」に乗り換えです。

石北本線では上下の「だいせつ」号が上川ですれ違いますので、ここで乗り換えます。
でもこれは一回だけでした。北は岩見沢、北見と両側に魅力或る撮影地がありましたから必要無かったですね。

駅待ちの思い出では機関庫がある南延岡の待ち合いが、ここで一回だけ仮寝しましたが
上下「みおやざき」乗り換え待ち時間が長くって、しかも駅ホーム改修工事をやり出して、喧しく、
それでも行き先がないので知らん顔して寝たふりしてベンチで横になってました。怪しかっただろうな?(笑)
この時が一番嫌だったです。早く乗車時間になれと目をつぶっていました。

駅の待ち合いで混んでいたのが熊本と旭川でした。冬休みとか夏休みの時期でしたので空きベンチが少なかったような気がします。そときは人が多いのである意味安心してましたが。

この写真は1973年3月 何処かの駅。写真を撮る気力があるのですから零時頃まででしょう? どの夜行か???

PICT0707s.jpg

何が停まっているのか?C11か?  写真拡大しました。

PICT0707sw.jpg

昭和48年3月
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR