美しかった機関庫(紀伊田辺)

カラーネガのデジタル化漏れをチェックしていたら
忘れていた肝心なのが出て来ました。

暖流が近い太平洋沿い、暖かイメージのある白浜温泉の手前駅、紀伊田辺駅です
海から吹く風が強く寒かったです。夕方ゆえ余計に寒さを感じました。
無煙化一年前、ターンテーブル前には廃車待ちが数両、
しかし機関庫にはまだかろうじて幹線を走る現役の罐が佇んでおりました。

e1s.jpg


e3s.jpg

綺麗な木製の庫が夕陽に映えます。
s46/03/05
紀伊田辺機関区 まだ此所で撮ったコマがありますのでいずれまた(^^。
e7s.jpg


e8s.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 紀伊田辺

佐倉様
>  木造の機関庫、なかなか風格がありますね。
>  C577の煙突が随分太いと思ったら、給水塔バックですね。(笑)

私も気づかずにいました。変に違和感ありませんね(笑)

>  それにしても随分線路と庫がくっついていますね。
>  ずっと遠方に写っているふたコブの機関車は何かと思ったらC50ですね。
狭い土地ですからどうしてもこうなったようです。
C50も45年の夏に行った時は入れ替えで動いていましたが、この時は?別のネガで調べてみます。
ほんともっと撮っておきたかったです。でもフィルム代が。。。。
交通費に換算すると高かったような?


紀伊田辺

 木造の機関庫、なかなか風格がありますね。
 C577の煙突が随分太いと思ったら、給水塔バックですね。(笑)
 それにしても随分線路と庫がくっついていますね。
 ずっと遠方に写っているふたコブの機関車は何かと思ったらC50ですね。

Re: タイトルなし

mack様
> 古き善き日本の風景とも言える景色ですね。
> この頃に(もうちょっと前がいいかな?)タイムスリップして見たいものです・・・

ほんとです。大阪万博の45年がいいですね。蒸気もそれなりにバンバン走ってましたし
ブルトレ等々日本がこれから大活躍し元気になる頃でしたから^^

今思い出しましたがこの写真の46年は見学許可あったのですが
47年は見学拒否されてました。よからぬ見学者がいたみたいで許されませんでした。
それで外から撮ってました。

Re: 地域色でしょうかね

tamura 様
紀伊半島は木材の一大産地ということで、木造になったんですかね。
> 同じ機関庫でも随分と印象が違いますね。
> 珍しい写真を見させて頂きました。まだまだあるようですので、楽しみにしています。

今振り返ってみてもっと通えばと思いました。でも当時は学生とても我が儘できませんでした。
紀伊田辺は遠かったです。交通費も、じっくり撮るなら泊まりでないと。。。
無煙化は早すぎましたです(涙)
46年と47年に行ってますが後半はDF50がそれなりに入りまた廃車の罐が目に付き煙は減ってました。

Re: タイトルなし

マイオ 様
> 木造の機関庫ですか~。初めて見ましたがいい感じですねー。

確かもう一カ所木造の機関庫あったと思うのですが思い出せませんーー
現場では全く気づきませんでした。
まだ初心者でしたし(笑)

古き善き日本の風景とも言える景色ですね。

この頃に(もうちょっと前がいいかな?)タイムスリップして見たいものです・・・

地域色でしょうかね

紀伊半島は木材の一大産地ということで、木造になったんですかね。
同じ機関庫でも随分と印象が違いますね。
珍しい写真を見させて頂きました。まだまだあるようですので、楽しみにしています。

木造の機関庫ですか~。初めて見ましたがいい感じですねー。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR