FC2ブログ

銀杏木を求めて(山科)

TVで去年撮った大銀杏(👉こちらです)を思い出し、確か去年山科で撮ったなぁと思い出しファイルを繰って確かめました。これは是非とも今年も行かねばと計画しました。そしたらなんと昨日キハ261甲種が向かうしそれにゼロロク27が下ってきます。それに銀罐も日本海へ向かいます。これだけ条件が揃えば撮影効率も上がります。無駄に時間を過ごさずに済みます。(^^)
西から順に東上します。途中梅小路にはEF64-1049が8865レで停車中、そして蒸気機関車館の前にはトワイライトの最後部?車両が表に出ていました。今の展示物で押し出されたのでしょうかね?
そしてそのままこの快速に乗っていると上手くいけば山科カーブを曲がった辺りでEF66-27の牽く2059レ西濃便とすれ違う筈です。
当然あの銀杏木も写せますし一石二鳥なのですが(^^)

DSC_6339v.jpg

EF64-1049はコキのみのようです。その先には見送ったキハ261が停まっていました。
そしてスチーム号は見当たりませんでしたが今や懐かしいと言わざる得ない旧トワイライトが停められていました。

DSC_6343v.jpg



快速は普通になって東山隧道を抜けます。そして大カーブに向かって進みますとありました。
あの銀杏木が見えてきました。でも右側外線にはまだニーナの気配なしです。

DSC_6352v.jpg

ほんとならねここで向かいからブルーの統一されたコンテナ列車を撮りたかったんですがね(^^;

こちら帰りに反対方向からも撮影しました。次回はもう少し明るい時間に行きますか。
DSC_6520v.jpg - - - DSC_6517v.jpg

― - - - - - ― -

電車が山科に着き急いで前方を確かめますが未だのようです。なにしろそこに居られた同業者さんが構えてられませんでしたから^^。 急いで且つ慌てずエスカレーターを降り反対ホームへ、上った途端見えました。EF66-27 2059レ

DSC_6355v.jpg

この左端に移っている赤罐はこれ ↓ EF510-20の3095レです。

DSC_6322v.jpg 山崎で甲種が通過した後やってきました。

2018/11/27 京都ー山科 一本銀杏木も近くで見るより遠くから見るのが良さそうで、絵画の世界に入ったようで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR