SL甲組の肖像3 購入

先日コメントでご紹介頂いた「SL甲組の肖像3」が届きました。 豊岡機関区、福知山機関区のOBの方々の思い出話が載っています。 これは裏を見ますと2008年8月25日刊行とありました。9年前ですね、それで記憶になかったようです。その頃は「国鉄時代」「わが国鉄時代」この2誌しか眼中にありませんでした。広告で知ってはいても訪れたことのない機関区ばかりを読むのもなぁと、また高かったのであまり気乗りはしませんでした。
しかし今回スミノエ様に教えていただいて興味を持ちました。それに廉価で販売がありましたので購入しました。買って正解でした。知らない事ばかりで現場の方の話は興味深かったです。欲を言えば
福知山機関区のOBさんの話に大阪行きの話がもっと聞きたかったです。さらっと数行書かれてあるだけでもっと色んな都会故の話があったのではと想像してしまいます。まだ福知山線が上り下り線路が別れて上りは尼崎市場の横を通っていた尼崎駅に入っていた頃の話です。C57の牽く旅客は塚本駅を通過し大阪駅から上淀川鉄橋まで高架線をそして宮原へ、見てみたかったですねぇ。
それよりももっと見聴きしたかったのが道場から武田尾、生瀬の武庫川渓谷を走る姿です。保津峡と似た環境ですのにあちらの方が有名で写真など多くUPされていて、こちらも同じような景色ですのにさっぱりです。せめて乗務員さんの話が聞きたかったです、それに宝塚から中山寺までの長い上り坂、そして中山寺駅から川西池田までの長い下り坂、そのまた逆の話が聞いてみたかったです(^^) まぁ個人的な興味ばかりですが(笑)
(梨便貨物は北方貨物線を吹田へ、そして梅田貨物駅には入っていったのか? まら当然吹田貨物駅でスイッチバックするのでD51は切り離されてお尻にELが付いて梅田へ行ったのでしょうか?これは吹田第一機関区担当でしたからちょっと無理ですかな)

IMG_9926s.jpg -- - - IMG_9928s.jpg
それかなんといっても興味があったのが阪神大震災の時の神戸地区不通区間の迂回路に関する記事でした。
分断された東西の道を普通の震災地区を迂回する176号線。9号線等の東西の大渋滞は当地でもあり目の辺りにしていましたので印象に残っているのですが鉄道に関しては全く覚えていません。
ただ当日の福知山線の線路が飴のようにくねっていたのだけが記憶にあるのみです。まぁ仕事も忙しく鉄趣味もしていませんでしたので記録に全く撮っていません。いまから考えれば歴史の記録として復興まで撮っておくべきだったです。当時は生き残っただけでも儲けものという気持ちが強く、そこまで考えが及びませんでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 楽しみにしております。

スミノエ様 ありがとうございました。蒸気の時代は#69迄の蔵書でした。当時もっと鉄ちゃんだったら駅員さんに質問も出来たのですが、あのチンチンと鐘を鳴らしての閉塞模様、ガチャン、バタンと転轍機の信号操作、あの大阪から30分以内の所に取り残されたようなローカル駅を通過するC57の音も早くオープンにしたいです。テープをデジタル化したとき当時の駅員さんの声も入っていたので何とかお届けしたいと思ったのですが昨今の大人の事情で叶っていません。
何時通るか分からないので毎週のように中山寺駅に通い臨時列車運行表を見せてもらいました。C57が通る日は大雨の日以外は毎回通いました(笑)お陰で浪人する羽目に(爆)
4,5年前に道場で桜を撮っていたとき在所の叔母さんに国鉄時代の駅員さん知りませんか?と話をしたら「・・・・そんなもんやよ、気にせんでええがな」時の流れとそういう縁だったんだとある意味納得しました。
楽しかった記憶だけを反芻していますので勘違いがあっても正当化してしまいますのでそれを確認できないのが残念です。

楽しみにしております。

郷愁紀行様

少しでもお役に立てたようで何よりです。
福知山線定期列車無煙化後の蒸機牽引の臨時列車については、資料が少なく郷愁紀行様が記録されていることは大変貴重のものだと思います。其の他福知山線ではありませんが、C57牽引の白鷺号についても、他では見たことがありません。
ホームページを楽しみにお待ちしております。

Re: 蒸機の時代

スミノエ様 ”梨便貨物”私おおいに勘違いしていたようです。今日教えて頂いた西長堀の市立図書館に行って来ました。そして関西の鉄道も閲覧しました。あれで福知山線の中山寺ー川西池田の天井川トンネルがどうなったのか納得できました。旧線路が山側で海側を複線高架にしたんですね、扱く当然で納得です。
鉄Pも確認しました。「梨便」私おおいに勘違いしていました。あの記事はS44年9月で私が録音したのはS45年9月でした。ただ疑問なのが大阪駅での掲載写真が後ろに荷物列車らしい形式の車両で量的にそれで充分だったのか?またD51が3日だけでC57が5日というのも変則だたんでしょうか?まだ当時ずぶの素人でしたので知識も記録も情報収拾も知恵が及びませんでしので確定できず残念です。また改めて記事にしてみます。改めて情報ありがとうございました。これで幾分整理がつきました。それにしても老眼がひどくなったのか小さい字で目が疲れました。肉体が老いる前に早くHPを再構築しなければと焦ります(^^;

Re: 蒸機の時代

スミノエ様 情報ありがとうございました。早速近くの書店に行きましたが無く、その代わりに「国鉄時代」5月号がありました。ニセコ特集で今回も要らないやと思っていたらサブタイトルに「均一周遊券の旅」とあり思わず興味が湧き購入欲が(笑)
北海道20日間の記事があると、同じような旅をされていた方がおられるなぁと興味が湧きました。ただ立ち読みできないので内容は?でも家に帰って即ネットをクリック(爆)
「蒸機の時代 №71」ちょっとお高いんですね武田尾渓谷の目次も見られて、あ~どうしましょう。。。。

蒸機の時代

郷愁紀行様

今日書店で、最近発売された「蒸機の時代 №71」を見ますと、9ページにわたって福知山線の写真が掲載されていました。武田尾や大阪駅で撮影されたC57・D51・C11です。他に旧塗装のDF50の写真もあり、これもなかなか貴重だと思います。

Re: 福知山線の記事について

スミノエ様 情報ありがとうございました。折を見て行ってみようと思います。今日も大阪に出たのですが暑くて、メトロ甲種も撮らずに帰りました。💦

> 発表された写真は少ないのではないでしょうか。
そうでしょうね、あまりに早すぎて鉄道ファンにも伝わらなかったでしょう。関係者でも知ったとしても時間がなかったのでしょう。
梨便は三田からは吹一の機関士さんでした。それにD51の戻りは空のワムを来た時と同じぐらい牽いてました。尚、下りは夕方のラッシュに引っかかり塚口で一時間近く待避していました。一回だけ塚口まで行って写真を撮っていたら機関士さんが降りてこられて少しお話させてもらいました。でもまだ子供でしたので大人の会話が出来ず失礼をしてしまい後悔しています。でも翌朝の上りの乗務で通過時 長~い汽笛を頂きました。でもそれをテープをケチって編集に失敗して半分消してしまいました😢

>まだ梅田貨物線電化完成前後だったので
それですか一枚だけDD13が写っている写真がありました。メインは中津鉄橋の阪急電車でしたので梅貨の様子は写していませんでした。残念です。

福知山線の記事について

郷愁紀行様

おそらく福知山線は山陰本線京都口に比べて早くに定期列車が無煙化されたため、発表された写真は少ないのではないでしょうか。鉄道雑誌でも時々見かける程度です。私の知るところ、比較的まとまった記事があるのは、1980年5月発行の「関西の鉄道No.5 特集山陰への鉄路」です。武田尾や宝塚、丹波大山、尼崎、塚本付近、大阪駅、国電と並走しながら大阪から宮原へ回送される列車、宮原機関区、宮原から新大阪駅駅舎をバックに出発するC57の写真などが掲載されています。また実際に乗務された人ではないのですが、吹田第一機関区に勤務されていた方が、「福知山・山陰線機関車の思い出」として手記を寄せられています。古い本なのでなかなか古本市でも見かけませんが、鉄道古書を扱う交通文化社には在庫がありました。http://www.kotsubun.jp/KT-bs01.html
それと私の知る限りでは大阪市立中央図書館(地下鉄千日前線西長堀駅下車すぐ)にありますし、京都鉄道博物館の図書室にもおそらくあると思います。

定期列車無煙化後の臨時列車などについては、鉄道雑誌に散見される程度です。例えば、鉄道ピクトリアル昭和44年12月号には、福知山区のC57が梨荷物列車を牽いて久々に大阪駅に乗り入れたと紹介されています。同記事には梨貨物列車の方は、福知山区のD51牽引で北方貨物線経由で吹田操車場に乗り入れており、牽引機のみ743列車の後ろ付で回送されたと記されています。けれども743列車は大阪発福知山行きの旅客列車ですから、これは疑問に感じます。吹田から宮原まで単機回送されて、そこから743列車についていったのでしょうか?普通に考えると吹田操車場から福知山方面への貨物列車で回送されたと思うのですが。
吹田から梅田へについては述べられていません。この頃はまだ梅田貨物線電化完成前後だったので、完成前ならおそらくDD51かDD13あたり、完成後なら電機が牽引していたのではないかと推測します。
これらも大阪市立中央図書館や京都鉄道博物館の図書室で閲覧できます。

残されたものが少ないだけに、なおさら郷愁紀行様が記録されたことは大変貴重だと思います。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR