C5557が入れ替えに忙しく(都城)

なんとも勿体ない風景です。これは今になった思うことなのですが(笑)当時はこの罐が希少価値のある人気罐とも知らずただ目の前に居たから撮っただけでした。
国鉄のホームにはいつも小荷物が山積みされていました。荷物輸送はほとんど国鉄でしたからね。郵便もありましたが大きな荷物は国鉄さんでしたね。 そう昔は宅配はなかったので家庭の大きな荷物輸送も国鉄頼みでした。
そういえば昔まだ小学校の低学年の頃に冬場祖父母が紀伊椿に長期湯治で行くのでお米や食料を国鉄のチッキ=懐かしい言葉です。今は死語ですね(^^)で母が送っていたと思います。否、それとも祖父が先送りして自分が後から行ってたのかな? 昔は近鉄電車(南大阪線)も小荷物を扱っていたと思います。最寄りの駅まで持って行ったのか郵便局に持っていったのか? 小さい頃の思い出なので判然としません。この文章もほとんど想像と半々で書いていますのでそこは寸借してください(笑)
 そう紀勢本線も当然、地方は全て蒸気機関車がメインで走っていました。真っ黒な世界です。書いてるうちに鼻が石炭の匂いを感じてきました(爆)

he-20z.jpg

1973年 昭和48年3月6日 都城 C5557
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR