マーラー編曲のシューマンだからか?

マーラーのアレンジか? それとも指揮者が上手いからか? 
それは私には分かりませんが これを聴くと落ち着きますというか 書き物をするBGMに合っているというか、過激なヶ所もありますが何が聞きやすいかというと音の良さもあります。
この奥から聞こえる管楽器の囁き、そして重厚なる うねりのオケ・サウンド。 堪りません、
クラッシク音楽否 ロマンは交響曲の真髄が表現されています。マーラーだからかとも思ったり。(マーラーはバッハのあの曲もオケアレンジしています。これも良かった。ラジオで聴いただけなので誰のかは忘れました。CD探したのですがありませんでした)
シューマンの悩みから解放される喜び、クララの愛を存分に受け優しく美しく流れる旋律。
一辺超でない演奏、この現代の録音がもたらす音楽の喜び、堪能しています。 特にお気に入りは4番交響曲第一楽章 このテンポ、このアクセント素晴らしい!堪りません。 このCDセットのお薦めヶ所です。
リッカルド・シャーリ指揮ゲバントハウス・オーケストラ
トスカニーニはどうだったのか?カラヤンは クーベリックは? 
クレンペラーもセルのCDあるので聞き直さないと、老巨匠の演奏はきっと別の意味で堪能できるのでは。
(再掲載です:今晩BGMで久し振りに聴いていて書きたくなりました) 


IMG_4954.jpg - - - IMG_4955.jpg

IMG_4956_2015032621080776b.jpg
残念ながらこのCDは日本盤も廃盤です。しかし某サイトを見ましたら4月にSHM CDで発売になるようです。もともとDECCAの優秀録音ですからこれで私は十分なのですが。でも聴きたい気もせんでも(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR