トンネルに挟まれた駅(南海高野線)

トンネルに挟まれた山峡の駅々、高野街道と並行して走る南海高野線。
近鉄吉野線よりもトンネルが多いかな? 山越えあちらは単線、こちらは橋本まで複線。でも線路は同じ狭軌、子供時代から親しんでいた幅なので何か落ち着きます。ほっとするというのかな?(細かいことは突っ込まないで下さいね。雰囲気で書いてますので
紀見峠で撮影した後すぐUターンです。 先頭にかじりついて峠の記録です。
すぐ忘れてしまいますから写真に撮るのに限ります(^^) トンネルを抜けると。。。だった。ロマンですね(^^)

IMG_8301s.jpg 左が上り線、単線時代の隧道。

IMG_8307v.jpg
 抜けると下り線が接近して複線に :矢印が気になります。接近合図でしょうか?

IMG_8313v.jpg トンネルの間にも矢印ライトが、抜けると駅です。

IMG_8316v.jpg 
天見駅 山峡の駅には趣が感じられ興味が湧きます。余裕があれば降りてみたいです。 

IMG_8320v.jpg トンネルを抜けると千早口

2016/11/07 紀見峠ー天見ー千早口 
あと2つで近鉄に乗り換えの河内長野です。そこから古市、二上山、尺土(しゃくど)、樫原神宮へと。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR