小丸川渡る早朝の客レC57155(高鍋)

本日はこちらのカラー化です。
毎日暑い日が続いています。当時も暑かったと思うのですがどうしていたかは思い出せません。歳ですねぇ。
歳といえば老化、今日の大河を見ていてヘルパー2級の授業を思い出しました。
”傾聴”=”利用者さんの言葉を聞いてあげる。言い返さない。” 正誤は別にして、真田さんの対応は的確でした。
うちの父の場合は最後までしっかりしていたので誤魔化したりする必要はありませんでした。どこまでどうだったのかは知るすべもありませんが。。。。まもなく初盆、皆集まって故人の思い出を語り合うとしますか。
私はアンチエイジングで老人の域を遠ざけましょうぞ(笑)

colorized22.jpg

昭和48年 8月中旬~下旬のいつか。太平洋から陽が上り 朝の河口は凪って水鏡でした。
ps 本日 私も話題のPF原色を撮ってきました。でもこちら未だにデジカメJPGはUpできずにいます。それで こちらに載せました。追っかけ撮り成功でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR