霧島の山をバックにD51貨物(京町)

カラー化ネガ 真夏の風景を続けます。 吉都線は京町の国民宿舎からのお手軽撮影です。
都城へと上り貨物が出て行きます。駅はこのマツダの看板右後ろです。
往復葉書で予約の申し込みをして返事を貰ってからの宿泊でした。貧乏学生には夜行と中間に泊まる宿は此所と青井岳の国民宿舎2件だけ。お風呂とまともな食事、そしてお布団、一人旅にはもってこいのお宿でした。
撮影旅行が慣れてくると予約無しで駅前旅館に、所謂寅さんが泊まるような商人宿に素泊まりでお風呂だけ頂いて早朝出て行きました。偶に撮影地で仲良くなった撮り鉄さんとご一緒に泊まりました。その時は当然ケチらずに一緒に夕食も朝食も頂きました(^^) 否、朝食は朝の列車が早かったので皆さんが寝てる間に出て行ったような気がします(^^)
あれから40年以上経ちました。皆さんどうされてるんでしょうか?当時その方々は社会人で働いておられましたから、もう良いお歳に、他人のことは言えませんが(笑) アナログは失敗もあり悔しい思いもしましたが楽しかったです。デジカメになっても撮影感覚といいますか感度は昔のままですのでがっかりや喜んだりしています。 ただ足だけが付いていかないのが残念ですが。あとお金も、(笑) 当時はバイトで稼いだお金は全部自由に使っていましたが、さすがに今は。。。。。。。(涙)
でもまだ若いんだからそんなことばかり言わないで、さぁ、もっと良い写真を撮りに行こうかな(^^) 感性は良いんだから(笑)

colorized20.jpg

昭和48年8月 京町
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 楽しんでおられますね

くろくま 様 そうそう冬場なんか霧が出てそれが晴れた頃に都城行きのC55旅客が白煙をたなびかせて走って行きました。それはそれは生涯一押しの画となりました。
虹ノ松原だけはうっかりしていました。唐津線は日中だけの撮影で泊まらず小倉や博多まで戻り夜行に乗ってました。
YHは解説書にミーティングあるとか、それで頭から外していました。社会人になってからはネットで安いビジネスホテルを探して泊まっていました。池袋駅の北にあるビジネスが定宿でした。池袋駅地下の食堂街が大阪ぽくっていつもそこで夕食を摂っていました。
> 蒸機現役時代には夜行と駅泊ばかり
同じく、慣れてくると夜行列車に乗っても5分で寝てしまい到着5分前に目覚めていました。
自炊とは凄いですね。面倒がり屋の小生としては眼中になし(笑)ジャムパンとミルク。暖かいものとしては駅の立ち食いうどんです。折尾に小倉、北海道は何故か記憶にありません。駅前食堂に入ったのかな?

私は過去の良き思い出を糧にして明日への活力としております。カラー化が忘れていた美しい景色を思い出させてくれてなんか得した気分です。ちょっと違ったっていいんです。
(余談)
今 斉藤由貴さんのラジオで布施明の「君はバラより美しかった」がかかってます。この頃がSL最後だったかな?
SLがなくなってからはひたすらレコードばかり買っていましたね。


楽しんでおられますね

ここ、やたけ荘も青井岳荘も虹ノ松原国民宿舎も往復はがきで宿をとりました。
汽車が走っている辺りから左側が築堤になっており、いい写真が撮れましたっけ。

当時はユースホステルも往復はがき予約、のんびりとしたいい時代でしたね。
結局、蒸機現役時代には夜行と駅泊ばかりで、ひたすら体力との勝負でした。
米とサッポロ一番味噌ラーメンの自炊生活も今では経験したくないもんです。

いい齢こいて、新境地を目指したいのですが、カラー化ソフトのおかげで
どんどん過去に退行していく自分がいるのです(笑)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR