C57112霧島越えに向かい加速(国分)

本日もカラー化写真で。昨日UPしました霧島神宮駅停車中のC57112の 前写真です。 国分から山登りに向かいます。 ここから先 霧島越えの有名な撮影地があります。私もそこへ向かいました。それにしてもようあそこまで行ったと。情熱ですね!(笑)
 それにしても炎天下どこにも日陰のない見渡す限り田圃ばかり、国道をひたすら北上です。この日はもう写せる列車もないので国分駅まで引き返しました。そして霧島神宮へ。一度撮ると次までの列車がなかなかなくって、自分の時間がたっぷりありました。学生時代のんびりさせて貰った分 社会人になってきっちりしっかり働かせてもらいました(笑)

colorized13_20160722223032572.jpg

colorized14.jpg

あの台地状の山向こうに今で言うところの秘境のお立ち台がありました。其処まで行くにはお金もないし、それに列車も滅多に通りませんので線路を歩いて、さらに長いトンネルの中も歩きました。色んな意味で今ではとても考えられません。 それに往ったらまた戻らないといけませんから(笑) ダブルでよう歩いたものです。今ではとてもとても。。。。

昭和48年8月22日 国分ー霧島神宮  こちらに別の日の同場所で撮ったものを。
【追記】 これをUPしてGマップを見ましたら、この撮影地 駅からそんなに歩いていませんね?(^^) あのお立ち台までどうやって行ったのか線路を辿りましたが航空写真ではトンネルがJR線が一本続きで分かりませんでした。それで地図に変換してみましたがこれまた一本線のみ昔の地図は )=====(  と、いうように () で囲まれていましたのにね。わっかりにくぅ~(笑)
Yさんはどうかな?と調べましたら これはちゃんと 》- - - -《 と 《》で囲まれていました。アナログ人間にはこっちのほうが合います(^^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR