D514峠道を上る(恵比島ー峠下)

湿った気候でなんとも外気も気持ちも色々とあり沈んでおります(笑)
そんなときは楽しかった嬉しかった青春時代の思い出から! そんな時父はハード・ワークしてました。かな?
今は大きな煙が見たくなりました。
過去の別スキャン分より未披露分から (ネガ・コマ自体は再掲載です)

c1341v.jpg

c1342v.jpg

順が逆になりますが、坂の下、山陰からD514がゆっくりゆっくり上ってきました。 近づいてくるまで何枚も撮れました(^^)これは連続写真なのでスライド再生をしましたらその動きがなんとも・・・・・ (^^)

c1327v.jpg

昭和49年11月初め 新雪がまだ残っていました。
残念ながらこれも恵比島だったか峠下で撮ったのか思い出せません。😢
過去ページ 同じネガより簡易スキャナ分です。今回はまだPC用のスキャナが生きていた頃に、また私がスキャンに燃えていた頃にした数少ないコマです。 こちらも留萌本線で撮ったものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: D514

佐倉 様  北海道にはナメクジが結構残っていたようですね。室蘭本線でも何回か撮れました。なんか流線型ぽっくて好きでした。ましてこんな若番号、今なら追っかけしましたのに(^^)

>峠下の恵比島寄り 
そういわれればそんな感じが、駄目ですねぇもう距離感がネット地図では理解できなくって(笑)歳寄った今の感覚で考えてしまうので若いときなら一駅くらい歩いたのですが。。。。

D514

 ヘッドライトを保護するようにツララ切りが付いている、特徴有る罐でしたね。
 自分も峠下の恵比島寄りで撮影しています。

 で、お写真の場所ですが、(家が見えているので)左側に道路がありそうです。
 右側が山になっている左カーブを地図で見てみると、峠下を出たところと、その先にあります。
 昔の撮影地ガイドにも載っていたところなので、多分上り列車でしょう。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR