東淀川駅の踏切廃止

とうとう来るべきものがきましたか、っていうことです。やっと決定になりました。新大阪駅から目に見えている東淀川駅、正式名は北宮原第一、第二踏切と南宮原踏切(何れも踏切警士さん在席中)
いつかは立体交差にすべきと、でもそれは障害が大きいので人だけが線路を跨いで上を通過するということに。近年JR西が改装する場合はみなこの橋上化です。まぁこれが一番楽経済的なようで、最近完成したのが摂津本山駅、その数年前が岸辺駅ですね。何れも改札は地下にあり地下からホームへ上がっていました。いまは地表から地上3階くらいまで上がって改札を通ります。
どこもかしこも同じような作りで国鉄時代を知ってるものには味気ないです(笑)
東淀川駅も開かずの踏切で地下通路を半分一般の方にも開放しています。でも自転車はねぇ。。。
昭和の景色を残したくってこの地下通路等駅舎も気が向けばを何度か撮っていました。その中から、

IMG_0463v.jpg - - - IMG_0483v.jpg

IMG_0492v.jpg柵の向こう側が一般道です。でも昼間はほとんど利用されていませんね。皆さん踏切待ち(^^)

IMG_0494v.jpg - - - IMG_0495v.jpg

IMG_0514v.jpg - - - IMG_0497v.jpg

IMG_1658v.jpg
東淀川 2012/04/15. EF66の貨物のみ 2012/05/13
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: エレベーター会社の跡

スミノエ 様 そうですか、そりゃ一等地から離れるわけないですものね。総持寺の辺りよく土地確保できましたね?高速で走る特急や新快速がホームねきを疾走しますから危なっかしいものです。茨木に新快速ですか?現状の高槻でさえ満員なのにさらに乗せるなんて。早いけど満員であの密閉された空間は息が詰まります。(新快速は神戸線しか乗りません。両サイドの車両は空いてますから)となるとますます快速の客が減るのでは?いつも思うのですが”狭い日本そんなに急いでどうするの?”って私鉄との競争をあおっておいてねぇ。(笑)まぁ淡路に南吹田は新しい需要があると思いますけど。

エレベーター会社の跡

エレベーター会社=フジテックは本社は滋賀県に移しましたが業務は今でもやっています。大きなエレベーター研究塔は解体されましたが、そのあたりではJR総持寺駅が2年後の開業目指して工事が進められています。ここは盛土区間なので橋上駅ではなくホーム下に改札が設けられるようです。
茨木駅の方は、立命館大学が新キャンパスをオープンさせたり近々大形物流施設等が出来るため、また高槻駅が新快速用のホームを新設して同一ホームで普通や快速からの乗換が出来なくなったためもあり、新快速停車が検討されています。私は元茨木市民ですが、12両編成でもいつも満員の新快速を停車させるのは反対です。乗客を振り分けるため今の快速停車だけで良いと思っています。

Re: 懐かしいタイプの駅

スミノエ 様 同じ橋上駅でもコンビニとかお店は入るのでしょうかね?島本など改札だけでホームに飲料水の自販機もありませんでした。今は?茨木駅今日行って来ましたが改良工事進んでいますね、3,4番ホームびっくりしました。コロッとお洒落になるのでしょうね。縁の無かった岸辺駅も摂津本山も地下道からホームへの撮影にギリギリ間に合いました。摂津本山にはホームにキオスクもありおばちゃんが働かれていました。それも今はなしです。摂津富田の跨線橋はデジイチで先日抑えました。西国街道と東海道本線に挟まれた土地は有名企業の工場が一杯ですね。エレベーター会社も、今は滋賀県でしたっけ? 西宮、尼崎のビール工場みたいに撤退されないことを祈ります(^^)

懐かしいタイプの駅

とうとう東淀川まで橋上駅になってしまうのですね。懐かしいタイプの駅が無くなるのは淋しいことです。吹田・岸辺・千里丘もかつては地上駅舎でしたね。私の住んでいた茨木駅も万博開催の昭和45年に橋上駅舎に立て替えられましたが、それまでは上下線両方に地上駅舎があり、改札を通ってから地下に降り階段からホームに上がる駅でした。汽車時代の名残でしょうが上りホームは東京方面との表示がありました。またそれとは別に専売公社などがあったためか上りホームだけに跨線橋があり、そこにも別の改札口がありました。摂津富田駅には近くにパナソニックの工場があるので、今でも橋上駅舎とは別に通勤用の跨線橋が残っていますね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR