父が撮った写真(熊本)

今日は父が撮った写真にて、昭和47年の夏の終わりだと思います。まだ夏姿でしたので、
父が結婚してから母と二人きりで旅行したことがないというので九州一周旅行をしてました。
せっかくだから「蒸気機関車を見たら撮ってきて」と頼んだものです。私はまだ受験の身、悔しいけど(笑)
そんな父も一昨日95歳で旅立ちました。顧みれば父の大きさだけを感じます。まぁ老後はそれなりにお世話できましたので悔いはありませんが。


9600ga.jpg - - - - 9600ha.jpg

c11ia.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 御悔やみ

夢幻鉄道 様 ありがとうございます。
先日もタンスを整理していましたら父と母の結婚前の若い写真が出て来ました。
もっと早く見つけておれば 話が聞けましたのにと。。。。

御悔やみ

管理人様、この度は御尊父様がご逝去されたとの事、心より御悔やみ申し上げます。

Re: お悔やみ申し挙げます

佐倉 様 ありがとうございます。 そうですね、父には逆らえませんでした。学生時代は気に入らないことがあると反発もしました。自立するまでは、といってもいつ自立したのか?恥ずかしい限りです。結局父のサポートには礼を言えませんでしたが(笑)

若い人がクラッシク音楽とか死ぬまで楽しめる人生の糧みたいなのを見つけてくれれば良いのですが。これを知ってるか知らないかで時の過ごし方が豊になります。私には(笑)それも父がよくラジオで聞いていたからかな?
若い人にはそんなことを自ら気づくかどうか?そんな事を教えなくなったからかな。

父の写真もネガがみつかりましたのでいずれ、昔米国に行っておりましたので古いアメリカの景色が写っています。スマートな父が写っていました(^^)

お悔やみ申し挙げます

 長い事介護されていたお父上が旅立たれたとのこと、心からお悔やみ申し挙げます。
 昔の父親は大きくて頼もしい存在で、子供達は皆その背中を見て育ったものでしたね。
 最近の若い父親は何処か頼りなく、こんな事では日本の将来は危うい...などと感じているのは歳を取ったためでしょうか。(爆)

 亡くなった直後はお葬式などで忙しく余分な時間もあまり無いと思いますが、落ち着いたらお父上の撮影された写真を見ながら、ゆっくりと故人を偲ぶことが出来ますね。
 
 

Re: No title

くろくま 様 ありがとうございます。
くろくま様も今は気が張っておられると思いますのでお互い落ちついていきましょう。
ほんと、偶然サイトを訪問しましたら「えっ」でした。
父とは何もかも正反対で頭も悪く頼りない息子でした。「なんでこれが出来んのや?」と歯がゆかったと思います。

そうですね、私は下戸なので現役蒸気の話でもしながら親不孝話しましょう(^^)

No title

ご尊父様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。

それにしても、わずか1日違いでのできごとだったとは……
郷愁紀行さん、いずれ親不孝の話をしながら呑みたいものです。
お力落としのないよう、ご自身の健康にも留意してくださいませ。

Re: ご愁傷様でした

マイオ 様 ありがとうございます。
入院してからは手持ちぶさた?(笑)になりましたのであっちこっち撮り鉄させてもらいました(汗)
そんなことはないですよ、きっとお父上も感謝を表現出来なかっただけでしょう。私もそう思ってやってきました。

ご愁傷様でした

父上を見送られましたか。
色々とお世話をされて、親孝行の見本と思います。
(自分自身を省みると、もっとできたのではないか、と・・・)

まずはご愁傷様でした。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR