49600シンプルな機番号(網走)

本日は簡易スキャナで取り込みましたコマより再UPです。「大雪くずれ」を撮った後この日は網走に向かいました。
駅に着くと湧網線の9600貨物が発車待ちでした。今改めて見てみると 罐番号が実に分かりやす番号で、これもまた一興で。

PICT0058y.jpg ゼブラ模様が見えて。。。

PICT0057y.jpg

PICT0059y.jpg

石北本線の貨物も待機中で、C58の機番号ネガが粗くて読めませんでした。
49600の貨物、最後尾の車掌車、荷物室と半分半分なのですね?あら珍しや。

PICT0071y.jpg

PICT0072y.jpg

庫の前には綺麗に等間隔に植木が植えられていたのですね。渋い庫といい、何処も見学お断りだっただけに諦めていました。
昭和50年 5月XX日 網走

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

青列車 様 残念ながらフラット・・・スキャナが壊れてしまって再取り込みできません。遠景から撮れば廻りの状況も分かり懐かしい画になったのですが、当時はどうしても現像だけして焼き増しは後年するつもりでいましたので小さなネガでわどうしても目の前にある罐を見たく勢い近視眼的な画ばかりになってしまいました。
> ワムフ100 優等貨車でしたのですか?それは分かっていればもっと貨車も撮っていましたのに、なにしろ目先の蒸気だけに興味がありいかにこの土地を走っていたか記録したかったです。それなりに時間が経ってみると懐かしさと時代にあった風景として見れて嬉しかったです。これからは過去のネガを改めて再スキャンするつもりでいますので新発見があるかもしれませんのでまたよろしくお願いします。

No title

>C58の機番号ネガが粗くて読めませんでした
お写真を拝見するにこのC58船底テンダーの様ですから戦後製の390か392辺りでは?
背景に微かに見えるのはスロ54かスロ62か?識別ポイントが見えず難儀します(^^;)

>最後尾の車掌車、荷物室と半分半分なのですね?あら珍しや。
ワムフ100ですね。ワキ1000と組んで急行便としてEH10にエスコートされ東海道を上下したエリート貨車ですが晩年は北の大地で隠居仕事していました。TR-24台車とはいえボギー車ですから2軸車よりは遥かに乗り心地は良く高速運転にも耐えるだけに「都落ち」は勿体無い気がするのですが若しかしたら…?
大型車体なので述べ両数では定数を食う癖に積載量は15トン程度で2軸ワムと同程度、列車単位の大きい幹線筋で待避線有効長に収めるには大型の緩急車より小型の2軸[ヨ太郎]の方が都合が良かったのかも知れません。また、ワキ車による急行便もコンテナ車が主流になると出番も減ります。結局幹線筋から追われ北国に流れ着いたのかも知れませんね。湧網線辺りで同車1両だけ9600にエスコートされのんびり走るシーンが諸先輩のカメラで記録され誌面等に発表されていますね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR