石炭輸送でなく96牽くは(起行)

朝ドラをかかさず録画までして楽しんでおります(^^)主人公もさることながら旦那さんあまりにも”ええ男”じゃありませんか?色んな意味で私に似ているなぁ~と(爆)
来週から舞台は石炭を求めて筑豊へ移りますので 気持ちは40数年前訪れた北九州の地に、門司から歩きでは遠いですよ!そんな地理を思い出しては蒸気機関車が目の前に浮かびます。  私が訪れたのはもう無煙化まであと2年の時でしたから石炭輸送などあるわけが、それに変わって石灰石が、96が重連&後補機で爆煙を上げて働いておりました。
こちらカラーの退化が激しいので遠目で見て粗が見えませんように小さくしてみました。


q668v.jpg

q671v.jpg

q672v.jpg

q673v.jpg

昭和48年11月か49年2月 起行  29611 形式入りプレートだったんですね。今なら追いかけてプレート撮りしましたのに(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR