再掲:腕木信号に小さな踏切(折居)

佐倉様の特別なトワイライト・惣郷川橋梁遠望: 海から見た列車に刺激を受けまして (^^)
 過去ログをリメイクしてみました。
拡大しましたら腕木信号が見えました。そして右側には国道から海辺の集落への道へ続く踏切が見えてます。
思い出しました。国道で下り貨物を撮った後この踏切を渡って砂浜に出てそして防波堤の先に行き陸を見ました。
たぶんこの右手このカットの先に駅があるのでしょう。進入信号も予告信号もありますし この浜辺を歩いて行くと駅だったような。

q600x.jpg



q602x.jpg
1979/05/23 折居
しかしです G・マップを見てみますと私が撮っていたはずの海へ出た凸した岩場が写真にはありません。これは浸食されたのか? それとも基本的に場所を間違えているのか?

関連ページ そのー1
         そのー2この2に撮っているのは凸岩は下関寄りになるはずで、ならばその向こうのカーブの先にあったであろう岩場で撮っていたのか? 
  そしてそのー3 これが今回UPしました分の元画像です。 そうやって見ていると色々疑問が湧いてきました。本来現地に行けばよいのですが、でも果たして見つかるか? そんなん考えたりしているともう1時間も経ってしまいました(^^) ある意味忘れるって良いもんですね?(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: お恥ずかしいものです

スミノエ様 いえいえ、高価なテープで正解ですよ。私の場合リール・テープでしたので
往復90分で安いテープを使っていました。それが数年前デジタル化した時ワカメ状になっていてしかもテープの締まりが硬くなってしまい手回しでサポートしてなんとか再生できました。しかしこれも巻き取りがきれいにならずもう1回こっきりでもう2度と再生は難しくなりました。
でも片面30分のソニーのスタンダード・テープはまだもう1,2回は再生できそうです。今更ですがケチった為に涙です。そうフィルムも、白黒ですがサクラはペラペラでもくっきりと明暗残っていますがフジのはどんどん色が薄くなるは傷は付くはってあちゃ~です。カメラはバイトしだしてからニコンマートFTNの中古を買いました。

>録音にはセミの声も入っていました。
いいですねぇ、深夜の駅風景、NHK・FMの「音の散歩道」ですね、音というのは絵とはまた違ってリアルにその時間が思い出せて不思議な気分になります。その時の音いつかは公開したと思うのですがまだノウハウが分かっていません(--)

>0時29分、大きな汽笛を鳴らし。。。。
音が響き渡る夜の世界、貨物は夜行もあり日豊本線の宗太郎越えなど録りたかったです(^^)ロマンですね!

お恥ずかしいものです

郷愁紀行様 大変お恥ずかしい録音です。当時は中学生でしたので、安物のカセットレコーダーです。テープだけは比較的高価なものを一本だけ持って行きました。又カメラも一眼レフでは無く元から家にあった古い機種と、もう一つはヤシカの家庭用カメラ、シャッタースピードが決められないもので、走行列車はブレています。
丁度夏でしたので折居の録音にはセミの声も入っていました。
長門市駅の録音は、真夜中の機関車交換です。昼間折居で撮影・録音したD51614が機関区から出てきて待機。やがて浜田方面から別のD51牽引の貨物列車が0時17分到着。そのD51は貨物列車から切り離され機関区に帰って行く。入れ替わりに待機していたD51614がバックしながらやってきて貨物列車に連結。0時29分、大きな汽笛を鳴らし盛大にドレンを吐きながら出発して行く。16分以上録音していました。
翌日は一往復残っていたD51牽引の客車列車内添乗録音をしました。

Re: この腕木式信号の下で

スミノエ 様 録音もされていましたか、どんな機材だったのでしょう? 嵩張り重たかったのでは? 録音からこの道に入りましたので大変興味があります(^^)
潮騒とD51の音、良いですねぇ。 長門市の夜なら門司からの戻りの客レでしょか?機関区内はたぶん立ち入り禁止だったでしょうが写真は無理でも音だけは隠されることなく自由に伝わってきますからOKですね。それに夜の方が音が伝わりきっと良い録音が出来たのでしょう。機関区の音を録りたかったです。

> この折居そして岡見、とても海が美しかったです。
残念ながら元々露出が不適正だったのでパッとしませんでした。経年で更に悪くなってしまい残念な結果になってしまいました。

この腕木式信号の下で

大変懐かしいです。私は昭和49年8月にここで、撮影・録音しました。
録音は国道を走る自動車、腕木式信号が下がり、やがて踏切が鳴りD51614号機牽引の貨物列車が通過して行く音が入っています。拙いものですが、それなりに記録になりました。D51614号機は前年まで奈良運転所所属で関西本線でも撮影したので懐かしかったです。そして、この夜長門市でも録音撮影しました。蒸機に直接触れる事が少なかった私には思い出深い機関車となりました。

この折居そして岡見、とても海が美しかったです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR