草も刈られて明治遺産(吹田)

以前紹介しました 阪急千里線の神崎川周辺の吹田側疎水?です。先日再訪しましたら綺麗に雑草が刈られて穴の全景が見れました。そういえばここではありませんが線路際の雑草を保線の方が刈り取っておられたのを車内から見かけていました。猛暑の中大変なお仕事です。ご苦労様です。
 この日は山陰トワイライトが戻って来る日で、それを狙いに行ったのですが通過時間を調べずに山陽と一緒だと思い込み早く行ってしまい、通らないなぁと諦め、それなら百済戻りのEF66-21配給を神崎川で撮ろうと吹田から歩き出しましたが流石にこの暑さ、日陰のない神崎川の橋上で20分近く待つのは危険と思い予定を切り上げ直ぐ下新庄駅に向かい避難、帰途につきました。電車の冷房のなんと気持ちの良いこと!でした(^^)
 体力的にまだ歩けると思ったのでJR吹田から歩きだし阪急吹田の瓦斯踏切道を渡った時には大丈夫と思っていたのですがそのうち汗がダラダラ、 あかん、とばかりに自販機のイオン?水を買い飲みましたが直ぐ温かいぬるま湯状態。何れにしても駅に戻るにも中途半端、 そして神崎川へ線路端を歩いて例の水路を見ましたら、あれ、草がない!これは撮っておかねば、しかし暑くて鞄に入れていたコンデジを出す気力もなし、しかたなく肩にぶら下げていたデジイチで、しかし近過ぎて50ミリでははみ出てしまいます。でもしんどい!これ一枚だけ撮って先に進みました。


DSC_6180s.jpg

2015/07/28 吹田ー下新庄
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR