霧島越えに挑むC57現役時代(国分)

大層なタイトルにしましたが冬の時期、元々貨物が少ない路線、軽々と上っていったと思います。
鹿児島の桜島を望む平野にてこれからの大きな山越え、乗務員さんにはご苦労様だったと、私は寒空に震えていたと思います。鹿児島って南のイメージがあるから暖かいと思っていたら意外と寒かったんで、そんなに日本も広くないんだと。違うか(笑)
日豊本線都城以南は一日に2本の貨物がこれは午後の1592レです。
あるときこの列車の霧島越えを撮ろうと、例の奇岩が見える場所へ行くために この当たりから線路伝いにトンネルも潜ってあそこまで行きました。遠かったなぁ、帰りはまた同じ道を下って行ったと思うのですが、これもまた記憶がありません。

b806v.jpg
モニターによっては正面の桜島が消えてしまいました。加工バランスって難しいですね。

b811v.jpg

b813v.jpg

b815v.jpg


b818v.jpg

b819s.jpg

昭和49年2月か3月 国分 霧島神宮へ向かって上って行きます。C5789 か?この後のコマにこれが (貨物の編成が同じ)、追いついたのか?しかし駅名が分からない。あの駅(山之口か何とか信号所、カーブしている島ホームです。写真は残っているが降りた記憶もないから駅名が思い出せない、ちょっと悔しい(汗)) でもそこならダイヤの辻褄が合わない?
結構あっちこっちで待避しているので知らないうちに追いついたと思うのですが。。。。
【余談】南海甲種の動画を見ていたら何かの弾みで「秋田こまち」とSLの併走している動画に入ってしまいました。これを見ていて、う~んなんて羨ましい。旧型客車もあるし併走できる線もあるなんて、東北地方に疎いので知りませんでした。夜行列車のイベントもあるし、いいなぁ。まぁ乗れないとしても空想できる楽しみがありますので、この思いで今夜は夢に出てくるかな?40年前の体験から(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR