鉄道遺産を求めて(下新庄)

とんま入道様のコメントに触発?(この頃国語がもうひとつ的確なのが思い出せない)されまして 昨日のブログから Upしなかったコマの中から選んでみます。
こうやってズームしてみますと見事に鉄橋から向こうも並行ですね。(吹田を望む)


IMG_5758s_2015062921253813c.jpg

IMG_5782s.jpg

IMG_5764s.jpg

新鉄橋も鉄の橋桁で良かったぁ、流行のコンクリ橋だと鉄橋を渡ってる感じがしませんもん。
轟音が無いんだもん(笑)

駅への戻りに見つけた唯一残っていた旧架線柱です。これも大正? 他のは皆コンクリの土台だけ残してスッパリ切られていました。

IMG_5797s.jpg

IMG_5757s_20150629212531f03.jpg

ペンキの剥げ具合といい補修は?もうじき撤去するから良い、かな?(笑) 後の架線柱も、唯二(笑)残された四角くアーチしてる架線柱です。
2015/06/28 下新庄    さらに続きます。(気が向けば ^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

とんま入道 様 そうですね、うっかりしていました。新幹線の上を通るのですから駅は水平にしてそこから下るにしても相当の高さでしょう? 淡路駅は近鉄布施駅を私イメージしています。そのままの高さで下新庄へ向かうのでしょう?
それにしてもいつも思うのですがこの工事の完成って私見ることができるのでしょうか?(笑)祖父母が元気な時代に計画ができて本格工事が始まったのが。。。。。きっとこの変貌に浦島太郎ばりに驚くことでしょう(^^。

No title

あの新鉄橋ですが、実は仮鉄橋のようです。
仮鉄橋に切り替え後、旧鉄橋を台座ごと撤去して、新しい鉄橋を作るそうです。
下新庄駅は新幹線より高い位置に作られる可能性があるため、
新鉄橋も川面よりかなり高い位置に作られるかもしれませんね。

あの辺りの古そうな架線柱は、ほぼ全部大正15年建築だったと思います。
ただし、左右の柱に渡してある 「ビーム部分、って言うんでしょうか??」は、
後の時代に取り付けられたもののようです。
建築当初は1本の鉄棒が渡してあっただけだと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR