一世紀を経る上り高架(柴島)

阪急千里線下流側です
← 柴島駅 踏切  → 淀川に向かって上り坂です。 これは4月に撮ったものですので更に柵が出来て変わっていると思います。

IMG_4929s.jpg - - - - IMG_4923s.jpg

IMG_4891s.jpg 

頭を打たないようにして潜っていきます(^^) 小さい頃も少しかがんでだったかな? 改めて歩いてきましたら何のことはない 普通にかがまず普通に歩いて通れました。何処かと同じように思い込んでいました。失礼しました。カネのバケツと網をもって淀川へジャコ採りに行ったものです。まだ河原には戦時中に落とされた爆弾の跡が残っており、そこにはまだ本流と河原の境がなく大水にできた水溜まりには小魚が泳いでいました。 ああ、当時の懐かしい思い出が蘇ってきました。(^^)

IMG_5425s.jpg - - - - - IMG_5441s_20150605211212ab8.jpg

こちら線路の反対側、確かこのあたりも架線柱の土台辺りは補強用の鋼鐵が塡められています。
線路は外側へと緩やかに振られ、そのまま直線で高架になっっていくようです。

IMG_5432s.jpg - - -- - 2015年 4~5月 柴島
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR