落語漫才のテープ

3月3日、せっかくのぞろ目ですのにネタがない。
そこでもう一つのライフワーク?趣味より(^^) これは40年近く前のカセットです。早くデジタル化したいのですが、USメモリーやSDカードのように簡単にコピーできればすぐやるのですが、等倍速でコピーしないといけないので時間がかかり躊躇します。

IMG_4541.jpg - - - - IMG_4542.jpg



ごりょんさん
「いぇね、 だんさんはご存じおまへんのやけど、今日は先の仏の精進日ですねん。。。。」

「何を~ 。。。。。。 先の仏、先の仏って、どれほど先の仏にしてもろたんや!」

そして御用聞きの魚屋が 「。。。あきまへんがな、先の仏先の仏て言わはるさかいに今の仏が怒らはりますねん」 
客席(笑)
この下りがずっ~と耳にこびりついて離れません。(^^)
三代目染丸さんテープはABCのヤンリクで夜中1時前に演芸をやっていたので、そのとき特集していたものと思います。 ただ他の演題にNHK、MBSとメモしているということは、それも同じテープに入っているとういことは(ダビング編集しませんでしたので) 同じ頃に在阪局も放送していたということですね。 
この桂小文枝さんの 瘤弁慶 NHKFMでステレオ放送とメモしてますが、そんな番組あったのですね、8月15日とあるのでお盆番組でしょうか? 聴けば分かるのですが再生すればまた綺麗に巻き直さないと、同じ聴くならコピーも、それを考えると聴けません(笑)

そしてこの漫才のテープはTBSが日曜早朝5時だったと思うのですが落語の番組をやっていました。早朝は電波状態も良く綺麗に入っていました。 6時を回ると電波が弱くなり聞こえなくなりますが。 秋口から冬は鮮明に聞こえました。今も。
江戸落語ばかりでなく偶に上方落語や漫才も放送されていました。そのときは在阪局でも滅多に放送されないので録音しておりました。 非常に珍しいコンビの漫才とか、全く聴いたことのないモノが聴けました。 これはきっと在京の局なら通販とかでCDで売ってるかもですね? 余裕が出来たら探してみます(^^)


psフリッチャイにリハ風景があったのは知りませんでした。
よくぞ放送してくれたものと、これはデジタル化したとメモしていますので何処かに。。。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 三代目林家染丸師と五代目桂文枝師

スミノエ 様 こんばんは、染丸師匠は子供の頃西条凡児さんが司会で落語の審査員で座られていたのを憶えています。いつもニコニコと”えべっさん”みたいな顔をされていました。その後お弟子さん方の裏話を聞くに二面性が。。。でも大人になってやっと分かりました(笑)昔物まねの定番は「西条凡児さんに芦屋雁之助に小雁さん藤山寬美さんでしたね、思い出しました(笑) 「ちりとてちん」あれは秀逸でしたね!あの頃から朝ドラ見るようになりました。今もBGMであの音楽が聞こえると「あ、また他局が使ってる」とブツブツ言ってます(笑)「あすか」も「カーネーション」も大好きです。いずれもお母ちゃん(女優さん)が最高でした!思い出しても目頭が熱くなります(^^)
これらのテープはあれから数十年聞き直していません。今は鉄と介護で頭が精一杯で手つかずです。老後の楽しみに。。。聴くとそれを録音していた時代に気持ちが飛んで行き癒やされます。今笑いたい時は吉本新喜劇だけになってます。(笑)

三代目林家染丸師と五代目桂文枝師

私が落語を聴き始めた頃は既に亡くなられていましたので、生前の三代目林家染丸師を拝見した事がありません。角川文庫の「古典落語➉上方はなし」に、染丸師の持ちネタとして「景清」が掲載されていたのでお名前だけ存じていました。「景清」は上方落語をテーマにした7年前のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」でも重要な噺として織り込まれていました。この噺の他NHKで放送された高座のいくつかはCD化されていて、拝聴出来ます。でも「相撲場風景」をされるの知りませんでした。これは六代目笑福亭松鶴師の得意ネタですが、ぜひ染丸師のも聴きたいものです。六代目と共通のネタとしては「らくだ」もそうで、こちらはCDが発売されていますね。
小文枝(五代目文枝)師の「悋気の独楽」「夢浪華真田抜穴」、私も録音しました。女性の声色が素晴らしい小文枝師、「船弁慶」や「猿後家」もそうですが、この「悋気の独楽」の御寮人も絶品だと思います。そして「夢浪華真田抜穴」は、確か1983年大阪築城400年の時の新作でしたね。今年は昨年に続き「大坂の陣400年天下一祭」が開かれますし、来年のNHK大河ドラマは「真田丸」という事ですので、ぜひこの噺もお弟子のどなたかによって復活させて欲しいと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR