ジョアンナそしてジャッキー

朝から雨、鉄気分でないので今日は音楽三昧 「ウォーカー・ブラザース」CDから
スコット・ウォーカーの歌った曲ばかり聴いてます。そこで記事は 下の続きに(^^)
IMG_4197.jpg - - - -- IMG_4198.jpg - -- IMG_4200.jpg
お気に入りの曲は "Joanna" 綺麗なささやくような歌声、恋人への愛おしさを歌っているのでしょうか?”I love You~ Joanna", Change your mind~~ バックのストリングスにオーケストラ・アレンジが素敵に木管楽器が包み込むようにも奏でます。 それとも失恋の歌?
" Jackie" いきなり行進曲の出だしのように早く始まる出だし、そしてスコットの早口の歌、昂揚する歌声、バックの離済み何とも言えずハープ、木琴のアクセントが良い、そしてキリの良いところで叩かれるシンバルの音が泣かせます!(笑)” そして急転終了!
そして続くは懐かしい「ダンス天国”1968年当時 外タレさんみんなこれを歌って客席と盛り上がっていましたね(^^)"Land of 1000 Dance" トリニ・ロペスもやってました。(^^)
"Everything Under The Sun" Walker Brothers名義のこの歌も昂揚させます。でも何故にこの時代のオケ・アレンジは素晴らしいのか、当然と言えば当然の音楽業界、編曲者もオケも皆優れていたんですね。それが当たりまえだったんだろう?
当然ながらPhilipsの優秀録音、今も観賞に堪えられます。だって1968前後は名曲の当たり年,(私の好きな曲が(笑))
日本でヒットした"In My Room"も、当時は安っぽい音の中波ラジオで聴いていただけにこのCDの音は堪りません(笑) 60s、70s、その頃聴いた音楽、クラッシクも含め 青春、いや人生の音楽の源です。
*このCDこの曲が入ってない"Make It Easy On Yourself"ちょっと心残りです。。。。(よく考えたらこれはソロ・アルバムだから外されたんですね(汗)

以上個人的な感想で(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR