早朝の二番列車D51581(長門市)

前日を米子(21:48)か松江市から乗車した「さんべ3号」801レが長門市に 03:54~58、到着下車、
九州なら急行「みやざき」で余裕の車中泊ですが、山陰本線は周遊券の関係もあって唯一の夜行も下関までは行けず西の端の長門市で下りざるを得ません。ですから短い睡眠時間となり眠りも浅かったかな? まぁ山陰は周遊券が1週間だったはずですので3往復だけ車中泊して帰宅です。(^^)
長門市始発のD51客レを下車して30分ほど待ちD51の一番列車 841レ 04:27 を撮ります。
そして一時間後に二番列車の 845レ 05:25 を撮影です。一時間も間隔があるので日によっては一番を撮った後は駅の待ち合いで時間つぶし、そして3~40分前に駅を出て西の方へ歩いていきます。そうしますと松林をバック日本海を入れて撮ることが出来ました。

この日は一番列車の格好いい発車シーンを目にして再度狙ったのか?日照時間を気にしてか?それとも疲れて遠出しなかったのか? 
未だまだ肌寒い早朝でした。もう少し連続カットありますが何処に貼ったのか?ネガ加工の形跡あるのですが、・・・・

PICT2035z.jpg

昭和49年5月か? 長門市  D51581

高倉健さんが亡くなられました。「鉄道員」もさることながら 昔の鉄には 「飢餓海峡」が思い出されます。
伴淳三郎さんの刑事と捜査する若き刑事が高倉健さんでした。
TVでは追想の映像は各局同じものばかりで 飢餓海峡を知ってる人はおられないのか?
それとも大人の事情か? 若き日の映像は任侠モノばかりでちょっと。
機会がありましたらこちらの姿もご覧になってください。
個人的にはやはり「黄色い。。。。」です この時代が青春まっ盛りでした(^^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 印象的な鉄道シーン

スミノエ 様 いつも寅さんが商人宿でくつろいでいるとき いつもSLが貨物を仕立てているであろう PUSHとドンツキ音がBGMで入っていてそれを聴く度にいつも若かった頃の撮影行を思い出していました。
スミノエ様は映画に詳しいのですね?私も昔は洋画ばかりですが観ていました。あの頃は個性派俳優が沢山いて面白い映画が一杯ありました。キアヌーにケビン・コスナー、ニコラス・ケイジ、トミーリー・ジョーンズ、。。。。90年代はLAコンフィデンシャルが一番ですかね。

SLで思い出しました「瀬戸内少年野球団」の3部作目、奇しくも長塚京三さんが神戸の震災をTVニュースを見ていてタイムバックする映画です。そこで終戦当時の元町ガード下風景を絡め梅小路のC62が転車台で回転するシーン、CGでなくて良かったです。

YTVで観た森繁久弥と三木のり平さんがC12に乗り足尾線を走る映画、これも面白かったです。
DVD:現役を離れるようになっていく世代には懐かしさで一杯ですからこれからも過去映像は出るくでしょうね?そう期待します。自分はレンタルDVDはご無沙汰です。10年前悪性リンパ腫で入院していたとき無菌室で缶詰になっていた時に ツタヤに買収されたデイスカスが〒でレンタルの走り、便利でした。今やPCでDWNLですからね、凄い(笑)

印象的な鉄道シーン

郷愁紀行様 おっしゃる通り、寅さんの映画には蒸気機関車がよく出てきますね。私は伯備線備中高梁が舞台のD51が出ているのが好きです。

>特急さくらのカレチで台風で山陽本線が土砂崩れで通行不能。。。。 
その映画は昭和35年公開の中村賀津雄さんと三国連太郎さんの「大いなる驀進」だと思います。「大いなる旅路」に続いて最近DVDも発売されました。C62牽引の「特急さくら」が立ち往生し、対向のD52牽引の貨物列車を急停車させる場面ですね。実際このシーンは御殿場線で撮影されたそうです。夜行列車がひっきりなしに走る山陽本線では撮影できないからでしょうね。
渥美清さんが「特急さくら」のカレチに扮するのは昭和42年公開の「喜劇 急行列車」(東映)です。この時はもう牽引機関車もEF65 500に替わっていました。渥美さんの列車シリーズは三作あり、四国が舞台の「喜劇 団体列車」も面白いです。以上の作品のDVDはネット宅配レンタルもあります。http://www.dmm.com/
列車シリーズ監督の瀬川昌治さんは、その後フランキー堺さん主役で各地の国鉄マンの活躍ぶりを描いた旅行シリーズ(松竹)も監督されました。第一作目の「喜劇 大安旅行」では伴淳三郎さんが紀勢本線C58の機関士役として、峠越えに奮闘する場面があります。その他羽越本線のC57・D51、四国のC58、そしてDF50やDD51、旧型電車や気動車、夜行列車の様子などが見られ、私には堪らないシリーズです。これについてはDVD化されているのは後期の2作品だけで、鉄道がよく出てくる作品はVHSしかありません。

福知山線で撮影されていたというのは大変興味がありますね。どのような場面だったのか、ぜひ見たいものです。

Re: 映画「飢餓海峡」

スミノエ 様 今晩のNHKクローズアップ現代でもスルーされましたね(笑) 
この映画は梅新交差点にあった東映会館でデジタルリマスターか?何かの記念でノーカット完全版上映がありその時観ました。10階だったか12階にあった小さな映画館で前編後編、休憩付きで、昔は洋画でもありましたねベン・ハーとか。これはOSシネラマですね(^^)
 元々松本清張とかの推理モノ映画が好きだったので小説で読んで知っていましたので観に行きました。蒸気機関車の出てくるシーン、そして火事で列車が停まって脱獄犯の座る車内風景、下北半島の山林鉄道、それに伴淳さんのお父さんが函館の坂を申し訳ないような肩を落として下って行くあと、息子が母に「持って行ってやれ」とお金を渡すシーン、そしてエンデイングで海に飛び込むシーン、見えてる下北半島が自分もあの山を観ていたんだなぁと、印象に残っています。
 ブラックレインでは阪急百貨店前の阪急電車のコンコース跡をオートバイが走るシーン、夜中の撮影だったとか、大阪府庁の階段が大阪府警のシーンで使われたとか、
話飛びますが今で有ガラケイ携帯電話が出だした頃、CMでハリソン・フォードが電車の中で話すシーンは阪急西宮車庫で電車内シーンを撮ったとか、大阪市役所前交差点の日本銀行側でCMを撮影していたとか、会社が近くだったので見に行けたのに、とかこれを書いていて思い出しました。(^^)

「大いなる旅路」は観ていません。もっぱら「寅さん」で日本全国を走る蒸気が気になって観ていました。あの監督がSLファンで消えて行くモノだから映画に写せば何処かで記録が残るからと出来るだけ 美しい日本の風景と一緒に撮ったとかTVで。。。。 一番長いのでは父(末期の病)と仲違いした機関士助士を会わせようと函館本線でしたっけ?寅さんが追いかけて行くシーン、D51が映画としては長く映っていましたね。
その他昔TVの深夜映画で鉄道モノ喜劇が放送されてましたね。渥美清特急さくらのカレチで台風で山陽本線が土砂崩れで通行不能。。。。そんな喜劇をTVからコードを引いて鉄道のシーンだけ録音していました。

思い出しました 当地は宝塚映画があり当然撮影所がありましたから中山寺の駅員さん聞いた話ですが 撮影スタジオの近くを福知山線が通っていまして、そこは上りの一直線で、そこを雨のシーンでSLを使って何度も行ったり来たりして撮影していたそうです。 この坂です

http://eyeyan.blog71.fc2.com/blog-entry-1292.html#more

すんません長くなりました。でも不十分(爆)

映画「飢餓海峡」

この映画は、三国連太郎さん・左幸子さん・伴淳三郎さんの主役お三方の鬼気迫る演技が圧倒的で、まだ若かった高倉健さんは比較的評価されていないので、追悼番組では取り上げられないのだと思います。けれども、来年3月まで開催されている「第二回新・午前十時の映画祭」http://asa10.eiga.com/のラインナップに入っていますね。A・B・Cの3グループそれぞれで25作品順番に上映されるのですが、「飢餓海峡」はGROUP Aでは6月に、GROUP Cでは先月に上映され、観てきました。残りのGROUP Bでは来年2月7日~20日に上映されます。関西地区はTOHOシネマズ西宮です。
なおGROUP Aは丁度現在「ブラックレイン」が上映中、そして来週土曜日からは「幸福の黄色いハンカチ」が上映されます。関西地区は大阪ステーションシティシネマです。
「飢餓海峡」の鉄道シーンは、とても貴重なものですね。岩内線の二つ目9600牽引の客車列車、下北の森林鉄道、御殿場線のD52等。しかし東舞鶴に向かう左幸子さん扮する杉戸八重がD52牽引の客車列車に乗っているのはおかしいですね。ちゃんと舞鶴線の列車を撮影して欲しかったです。
この作品に限らず映画はその時代の鉄道シーンも記録してくれるので、それを見る楽しみもありますね。三国連太郎さんと高倉健さんの共演映画では「大いなる旅路」もありますね。三国さんの長男役の高倉さんが「特急こだま」の運転士になって両親を乗せる颯爽とした姿が印象的です。
また高倉健さんとは関係ありませんが、現在TOHOシネマズなんばで上映されている「ベイブルース 25歳と364日」には、城東貨物線赤川鉄橋が何度も出てきます。複線化工事前の原色EF66牽引の貨物列車や歩行者や自転車も渡っている様子を見る事が出来ます。これも大変貴重な記録になると思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR