夜の宮崎機関区

佐伯でD511151を撮った後急行「みやざき」に乗る為に宮崎まで下りてきました。
乗ってきた車内よりちょろっと、そしてホームから f2開放の30秒だったか?いつもこれでホームに置いての手持ち撮影でした。
以前UPしましたのとは違う日と思うのですが。毎回暗くなると夜行「みやざき」までの待ち時間つぶしに霧島神宮や都城まで下って行ってました。 この日は宮崎から乗車したようです。
乗ってきた列車から降りたら改札を出ずにホームから撮っていたようです。何しろ一旦外に出てしまうと次の改札まで閉められてしまうので思った時にホームに上がれませんでした。昔の駅は列車到着まで改札開けませんでしたからね、このへんが都会と違うなぁと。(^^)

PICT1631s.jpg

PICT1632s.jpg


PICT1633s.jpg

PICT1638s.jpg

真ん中のC57はC5765ではないかと、そして
下の写真 C57はC57187 もしくは C57186ではないかと佐倉様にCM頂きました。


PICT1637s.jpg


残念ながらぼやけた画像で罐番号読めません。簡単なスキャナでやったものですので楽と言えば楽なのですが、これが限界か、何時か改めてスキャンして読めるようになるのか?ある意味楽しみです。
昭和 48年 たぶん11月○○日 宮崎
これを撮るまでの模様は ネガの順番に(カーソルをなぞってもらいますと反転します) 


まず 南延岡  →  市棚  →  佐伯 ( その 1 その 2、 その3 ) →  そしてここ宮崎です。

この日の午後はこれでしたが 午前は何処でどうしていたのか?たぶん高鍋→宮崎だと思うのですが。。。。。。
(ノカキク様のCMを整理してメモしないと ^^)

じっくりと過去の足跡を辿るという 今となっては長大な課題が残っています。
これをクリアしないと写真の価値が半減するというか、
自分の足跡で唯一 生き甲斐だった証拠を確認して旅立ちましょう(笑)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: C57の機番

佐倉 様 いつもありがとうございます。折角特徴を教えていただいてもメモしないのできっちり忘れてしまっております(汗)形を勉強?しておればまた楽しみも増えるものですね。とりあえずはなんとかまともなスキャンをすることです。(^^)

C57の機番

 4枚目の真ん中に居るC57はデフのステーの形から65号機と判別出来ます。
 5枚目のC11と連結しているC57ですが、放熱管の形から三次型となり、当時の宮崎に居た三次型は186号機と187号機ですから、このどちらかです。
 この兄弟は双子のようで見分け方が難しいのですが、先台車の後側がスポークに振り替えられているのが187号機で、186号機は両方ともディスクです。
 お写真にはちょうど先台車の後側車輪が写っていますが、イマイチスポークなのかディスクなのかが判然としません。スポークのようにも見えるので187号機かも知れませんね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR