ハートに火を付けて

何処にも行けなので 本日は気晴らしに昔の音楽を大きな音で(もちヘッドホーン)聴いて息抜きです(^^)
1960年代~1970年代 我が青春時代、多感な時期でした。クラッシックばかりでなくPOPもよく聴いていました。
   この暑い夏には この手の曲というか選曲のアルバムがぴったりです。(^^) このCDは2002年 ロンドンでのコンピレーションです。 小生まだしっかり働いていましたなぁ(笑)
1曲目、最初に聴いたのはオリジナルのドアーズ、それもロング・バージョンが好きでした。ラジオ関西のリクエスト番組でこの長い方のレコードでお願いしますとリクエストしましたらそれをかけて下さいました(^^)。
Light My Fire /フォセ・フェリシアーノ は数年後ヒットしましたねぇ。高校だったな。
Fifth Dimention / 輝く星座(Aquerius-Lets The Sunshin In””Quincy Jones/Soul Bosa Nova””Summer In The City/Lovin Spoonful” ダイ・ハード3のオープニングで使われてピッタリでしたね。  等々~
IMG_3012.jpg ーー IMG_3013.jpg

2014/07/26
何十年も経ってあのころのレコードがなくても CDでレーベルを越えて良い音で聴けるようになった良い時代です。
4~50年経って権利関係がオープンになったからだけでしょう? そういえば5大レーベルも今や2大レーベルになってしまいました。 権利を独占というか、売っちゃたんですよね? まぁ我々世代には有り難いことです、これで当分ゆったりと過ごせます。(^^)
These Boots in The Walkin ナンシー・シナトラ 格好いいですね、高校時代17cm4曲入りで聴いていました。もちろんフランクシナトラのB面で(^^)
モンキーズ I'm A Believer 中学だったかな、
”イパネマの娘/アストラット・ジルベルトにスタン・ゲッツのSAX” 夏にぴったりで、くつろげますわ。
セルジオ・メンデスのマシュケ・ナダ”
 ”バート・バカラックの世界は愛を待っている” もうたまりせん! 心が揺らぎリラックスしますわ(^^)

そして アンディ・ウィリアムズ”君の瞳に恋してる” 彼の最後の来日コンサート行きたかったなぁ、
入院していた病院の裏にある大阪国際会議場でコンサートがあったんですが、日にちを計算すると抗癌剤治療の狭間になるので外出許可出るかな?と淡い希望をもったのですが、よくよく考えたら人混みは大禁物、感染症の危険があり × です。
あれから十年 寛解です。がんばって父の介護ですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR