分岐線(後藤寺)

こっちの線路は何処へ行くのだろう 思い出せない。いつも撮っていた陸橋はしょうゆ看板の後にある陸橋なら後藤寺なのですがこちら側に家がないのでどうなんだろう?構図がもう一つでしたので罐を大きくして大幅トリミングしてます。
別ファィルを見ていて しょうゆ の看板ありました。 間違いなく後藤寺です(^^)あの陸橋もそうです(笑)

PICT1461s.jpg


PICT1462s.jpg


PICT1463s.jpg

左側に見えるコンクリの陸橋は? こんな新しそうなコンクリ橋があっただろうか、それに通じる道も?
この線路の先に例の中元寺川鉄橋があるのか? いつもの三本の場外信号が見えて罐も下り坂のようだし。。。。 
ネットで航空写真を見てもどうも納得できない。逆にこれを撮ってる場所もありそうでなさそうで難しい。
昭和48年か49年の2月か3月 後藤寺
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 温故知新

中川哲 様 後藤寺線ではなく伊田線(日田彦山線?)になるのですね。地図を見てすっきりしました。
炭鉱節で有名な山ですね、この辺りはSL撮影旅行と同時期に発表された「青春の門」を思い出します。でも読んだのは吉永小百合さん、大竹しのぶさんのあの場面だけですが(笑)

>2枚目の右端に2階建ての後藤寺駅の「てこ扱所」
他のコマでも写っていると思いますので参考になりました。それに二つの橋の由来は全く知りませんでした。てっきり「鷹羽橋」かと、でも写真を繰ってみるとトラスト橋ですものね?単純な早とちりでした。
それにコンクリ橋の由来実に歴史を感じます。地元の方のご意見非常に参考になりました。ありがとうございました。

温故知新

3枚とも後藤寺駅を出て、糸田線(現在 平成鉄道)に進入したばかりの列車ですので糸田、金田駅へ。1枚目と2枚目の遠方に、炭坑節で「ひと山 ふた山 み山越え」と唄われた香春岳が見えますし、2枚目の右端に2階建ての後藤寺駅の「てこ扱所」が写っています。1枚目と2枚目の日田彦山線を跨ぐ陸橋は、SL撮影メッカの「鷹羽橋」ではなく、三井田川鉱業所の職員住宅間をつないでいた「希望橋」で、現在は撤去されています。撮影場所は、糸田線を写すため鷹羽橋の上からではなく鷹羽橋の手前から写していますね。
3枚目のコンクリートの陸橋は、昭和40年代後半につくられたパイパスで、後方の三井田川2坑のボタ山は現在削られ、田川消防署や老人施設などが建設されています。田川市は炭鉱で栄えた時代は、三井の城下町と言われていました。昭和は遠くなりにけり。懐かしい写真をありがとうございます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR