後付け回送にて(中山寺駅)

その昔私が鉄に目覚めた頃のお話を:毎年スキー・シーズンになりますと兵庫県北部の鉢伏高原とかへスキー臨時便が毎週末になると走っていました。大阪からは福知山線経由で「はちぶせ銀嶺2号」そして山陽本線沿いのお客には姫路から「XXXX銀嶺」が走っていました。当然ながらDD54もDF50も足らないので牽引はC57でした。福知山線はSLの定期運用が終わってました。しかし臨時列車はいつも福知山のC5741,128,152が運用に就いていました。 大阪へは中山寺17::20発のDD54が牽く普通の客車の後に付けられてやってきていました。そして23:57にガラガラの客車を牽いて通過していきました。たぶん乗客は宝塚から乗ったのでしょうが(^^)そして鉢伏高原スキー場等のある八鹿や江原に夜中の2時か3時に着いていました。

PICT1341k.jpg

当時は録り鉄で通過時には毎回テープ・レコーダーを持って録音しに行ってました。この時は機関士さんが録音をしているのを知って下さり(たぶん助士さんが教えて下さったのでしょう) 発車時DD54の出発合図の後に蒸気の汽笛が勢いよく鳴らされました。 そしてドレインまで出してくださり盛大にドラフトを響かせプッシュして行って下さいました。(^^) 本来この先は下り坂なのでそんな必要もないんですが、嬉しかったです。またありがたく録音させてもらいました。そのテープも数年前無事なんとかデジタル化でき、その音はまるでつい今し方録ったようなリアルな音で再現されました。 何時の日か皆様にもご披露したいと思っています。残りの人生 誰も見向きもしなかったこの大阪から30分の近さにありながら単線非電化の近代化から残された一駅の歴史をこれら写真と共に残していくのがライフ・ワークではないかと思っています。

昭和45年2月7日 中山寺 福知山線 「わが国鉄時代」の原稿募集を見てこれを引っ張り出しましたが投稿は面倒で。。。(笑)

お恥ずかしい ダブっていました。どうも何回もスキャンして違うところにファィルしていたんで気づきませんでした。 お気に入りはいつも同じショットで(^^


PICT1337k.jpg


PICT1339k.jpg

マイクがちらっと写っています。当時はどうやったら良い音が録れるのか分からず、ただホームに置いただけでテープを回していました。

PICT1340k.jpg

この夕方の時間帯は伊丹空港も離陸ラッシュ時で飛行機は飛び上がると大阪湾に向いて急旋回していきます。ですからいつもこんな時に限ってジェットの音と重なりドラフトが消されてしまいました(涙)、なんでよりによってこんな時間に飛ぶねん!と悔しい思いをしていました。(笑)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR