風光明媚な岩代海岸とC5756(岩代)

唯一海岸沿いを走る紀勢本線西線は岩代です。 防風林の向こうには太平洋が、無粋な複線化工事が終わり、真新しいバラスの敷かれた線路を貴婦人C57が通り過ぎていきました。私が行った時は無煙化直前の昭和46年2月か3月初旬でした。
当時は和歌山には C576,119,147、紀伊田辺に C577,56,61,160、が配置されていました。(S45年3月配置表による)
この時は同年正月に和歌山線で撮ったC5756が 紀伊田辺行きとして発車していきました。この先は緩い坂でカーブしていきますのでゆっくり通り過ぎて行きました。

PICT0018s_201311301554116aa.jpg

元はカラーでしたが同時プリントは何処かに。。。。このネガは退色が酷いのでモノにしてみました。
こちらの写真の踏切から撮っています。
 

目の前を通り過ぎ去っていくあの後ろ姿は不思議と今もまぶたに残っています。海風が吹きすさび寒い人っ子1人いない海岸、
それにしても もっとこの海岸で撮っておきたかったですねぇ。C58が行く姿は何度か撮れましたがC57の姿は極めの場所で撮ってません。残念だなあ、きっと美しく撮れたと思います。その潜在的な写欲は竜ヶ水の錦江湾沿いで少し叶いました(^^)


無煙化間近の和歌山線と紀勢本線を王寺から和歌山周りで紀伊田辺まで行きました。この時は岩代でUターンしたような、でも紀伊田辺の夜の街を歩いた記憶もあります。でもそのときは何時の汽車で帰ったのか?それとも冬場で日没時間が早かったのか? 泊まりはしていませんので。 その時のネガはどれか? 思い出せない(--)
それとも紀伊田辺で汽車撮りで泊まりたいという潜在心理が夢に出てそれを現実と混同し 40数年事実として引きずってきているのでしょうか? ふと そんな思いが横切りました。大丈夫かい?疲れてるな?(爆)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: なんか

楓ちゃん 様  ありがとうございます(^^)
好きなんですよねぇ、この感じ! 絵はがき的といわれてもね、美しい景色は。

なんか

いいっす ! この絵。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR