モーツアルト協奏交響曲

お昼から土砂降りの雨になってきました。天気予報久し振りに当たりましたね(笑)天気図見たら素人でも分かりますが(爆)
そんな憎まれ口を言っては駄目、マイナス言葉は × です(^^)気持ちを穏やかに落ち着かせる為の音楽をご紹介です。だまされたと思ってお聞き下さい。但し演奏家にお気を付け下さい。(またそんなマイナスな言葉を)長年気になっていた曲がでした。それはFMで聴いたのですがモーツアルトであることは間違いないと分かってましたが曲名が分かりませんでした。それがある時やっと判明し「なるほどあの曲がこの調べなんだ」分かってからCDを探しましたが、買う前に相性の問題がありますので厳密にチェックしました。(^^)
そしたらまず手っ取り早く見つかったのがベーム指揮の演奏でした。同じ協奏交響曲でも クラリネットとオーボエ、ホルンの曲 K297bが好きです。ヴァイオリンとヴィオラのK364も良いのですが私には管楽器の方が合います(^^)両方とも良く聴くフレーズがありますのでクラッシックに感心があられる方なら何処かでお耳にされてるかと♪
とりあず次の癒やし候補が出てくるまでこれが私のベストです(^^)


IMG_1051.jpg

昨日は歩いてないようで歩きすぎてましたね (XX) 足に負担がかかったようです。
撮り鉄には致命傷ですね。参った、十分治してからにしましょう。 鍛えねば、先はまだ長いです!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ベームさんのこと

すみません。少しお邪魔させていただきます。
(※返信不要ですので どうか 感想を読んでいただければありがたいです)

鉄道、SL、クラシック音楽、FMライブ、、大変 関係が深いようにおもっている次第です(笑)。多分ですが、こだわり があるんだろうと思っております。

このCD、、私も大好きです。テンポ良し、最高のソリストで良し、ですね。今ではこのような組み合わせの演奏は絶対に巡り会えないと思っています。

先日、会社で、カラヤンやべームさんのコンサートを生で聴いたことに、会社の若手が羨ましがっておりましたので、少しベームさんのレコードやライヴについてまとめた記事を作ってみました。非常に簡単で荒削りで申し訳ありません。改めてベームさんの演奏の魅力、そして、最後の劇場ライヴとなった1980年4月バイエルン国立歌劇場での「後宮からの誘拐」では、あの和やかなベームさんの笑顔、そして、右手を挙げての笑顔は忘れられない映像です。(※LaserDiskを持っています。) 荒削りですが若手社員に「ベームさんとはこんな魅力があるんだ」を書いてあげたものです。
http://blog.goo.ne.jp/ibukitube/e/c26f0075acd6a5147f9d9f1f66d69dce

FMライブの一部を youtube で音源を紹介しているリンクです。海外出張したとき、ロンドン、パリ、ハンブルク、フラクンフルト在中の社員が音源が欲しい!ということから始めたものです。便利な時代になりました。ここには ベームさんのライヴを少しだけまとめた音源です。市販CDでは無くすみません!元音源はWAVEファイルで良い音です。
http://www.youtube.com/user/IbukiTube/videos?shelf_id=11&tag_id=UCrc71-ecavnjYH81FSCDXdg.3.%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0&view=46&sort=dd

Jゴールウェイさんについては、音楽で知り合いの方がまとめられた記事がございます。ご参考にリンクをご紹介します。
http://www.ne.jp/asahi/jurassic/page/mate/galway_orch/comment_j.htm

別件ですが、ロンドンやドイツの鉄道も魅力的でした。ドイツでは路面電車が良かったですし、教会でのライヴ演奏中、路面電車が通り過ぎる音も聞こえたFMライブ放送もありました。また、特にSLの発祥の地であるからかもしれませんが、ロンドン郊外の各都市の至る所に SL が駅前にありました。

お忙しいかとは思いますので、御返事は不要です。ご参考に読んでください。書ききれないことが多く、、、また。。。 お邪魔させて戴きます!

Re: ベーム

佐倉 様 そうでしたか、私はエアチェックはしませんでしたがレコード買ってました。VPOを振ったブルックナの4番がブルックナーの入門盤でした(^^)年末のバイロイトの「指輪」中継を毎日聴いていました。あの演奏は当時初発売されたフルベンのローマ録音が全曲FM大阪で放送され、それを聴いて「指輪」に嵌りその年のバイロイトを聴きました・親友は録音してましたが私はとても。。。長すぎます(笑)cdになって欲しかったですが金欠で諦めました。
ベルリン・フィルはそれこそジェームズ・ゴールウエイのフルートがあったり名手揃いでイエス・キリスト教会録音といえばカラヤンばかりで好きな残響でした。ただ当時はデッカ録音ばかり聴いてましたが(^^)それぞれのレーベルに特徴があって楽しかったですね。 あの頃の若手で円熟され残っているのはブロムシュテット、そしてなんといってもマゼールですね。ベームから同時代を生きて、最若年でバイロイトにも出たんでしたっけ?
すんません長くなりました(笑)

ベーム

 K.ベームは大好きな指揮者の一人でした。FMで放送があれば必ずエアチェック、来日したときは3回聴きに行きました。
 K364の協奏交響曲、ウィーンフィルを振った録音が残っていますが、CDではベルリンフィルが発売されているのですね。
 ブランディスとかライスターとかザイフェルトとか、懐かしい名前ですね。
 あの頃のベルリンフィルは(今でも?)主要メンバーで室内楽をやったりして、その頃に馴染んだ名前です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR