C5530 名寄発稚内行き

名寄ネタ続けてみます。お昼の旭川行き 稚内発07:56 324レ 名寄着13:01ー13:17発
旭川11:00発稚内行き 321レ 名寄13:21ー13:27発 
この十数分の間に私のことですから律儀(?)に改札口から一般道を遠回りして踏切手前まで走って行ったのか?
発車には間に合い出発準備で煙を上げています。広大な駅構内でした。40年も経つと もう残念ながら思い出せません。それにしてもC55到着のコマがないということは到着を撮らずに先に此所にきていたのか?勿体ないことをしてます(笑)


私見事に勘違いしておりました。これは北行き列車、名寄駅を東西南北勘違いしていました。青列車様佐倉様のご指摘があるまでこの数十年間この風景は南行きと思い込んでいました。只単に名寄本線は先にあって見えないと(写っていないと)
私の頭の中では機関庫が見える駅南側の踏切が基本でそして名寄本線の坂を上る9600写真があり南側でしか撮って居ないと思い込んでいました。教えていただけなければ死ぬまで反対側と思い込んだままで逝くことでした。間違って発表してみることですね(笑)


cPICT1176s.jpg


cPICT1183s.jpg

昭和49年 8月 名寄 (それにしても紙焼きしていた頃はちゃんと色バランス取れていましたのに、ネガの劣化が進むというのは。。。高級スキャナで保存できるのか?ならば。。。。)

C5787の名寄発こちらでUPしておりました。

補足: 青列車様に言われてみて改めて時刻表を見直しますと 321レは 13:13-13:23
324レは 13:04-13:17 ここで交換していることになります。
しかし この下り321レ上り324レは撮っていません。どうしたのでしょか?遅れにしても必ず撮って居る筈だし名寄本線に向かうにしても時間があるから撮れていたと思うし。。。。。
cPICT1184s.jpg



cPICT1185s.jpg



cPICT1189s.jpg

恥ずかしながらご同業の方と話したかどうか?思い出せません。
住所も聞かずにお別れした方もそれなりにありましたので、
昔から人と同じ場所で撮るのを避けていましたもので。**)
もしこれをご覧になっておられましたら、この撮影日を教えてください(^^)





cPICT1190s.jpg

窓を開けて外を眺めておられる彼女、大きな紙焼紙面では可愛いい顔でちょっとポーズをとったみたいな
可憐が姿が見られましたがこれでは無理ですね。



cPICT1191s.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

青列車 様
恥ずかしながらもう思い込みが激しいもので失礼しました。googleマップを見ても北と南を勘違いしていました。恥ずかしい! 稚内行きが右カーブで旭川行きは直線になってますのにね。ご指摘ありがとうございました。

Re: これは321レですね

佐倉様 ご指摘ありがとうございました。見事に勘違いしておりました。駅の北側は踏切は全く頭になかったです。踏切と言えば此所からですD51貨物が印象に残っており踏切は南側これだけがこびり付いていました。いや~いつもいつも具体的なご指摘感謝します。ほんとここまま冥土まで間違いを持って行くとこでした(笑)

これは321レですね

 青列車さまの鋭いご指摘の通り、これは321レですね。
 背の高い照明塔がずっと向こうの方にありますし、最後のコマも右にカーブしているので、名寄駅の北側での撮影で、従って下り列車です。
 321レならば324レと交換だったと思いますが、両方の発車を撮るには移動時間が足りなかったのでは、と思います。
 ついでながら、C5787の方も右にカーブしているので、やはり稚内行きだと思われます。
 グーグルマップを見て見ましたが、キマロキ編成が綺麗に写っていますね。
 ちょうど名寄本線が左へカーブして行くあたりに展示されていて、これは見て見たいです。(現役時代にも実物は見た事がありません)

Re: タイトルなし

浜ちゃん 様
足廻りの写真撮ってましたが中途半端でしたので外してました。でも、垂涎の写真となりそうなのでUpしました。まぁ発車後といえこんなに、目の前で4枚も撮れるとは結構ゆっくり助走していたのですね?おかげさまで貴重な記録が残せました(^^)

Re: タイトルなし

青列車 様
カラーで残しておきたかったです。否それなら劣化でパーになってたかも(笑)このあとまた同じ列車を撮っていますが同じ編成みたいな、 あの踏切と右へカーブしていく線路で旭川行きに相違ないと思います(^^)

いやーC5530いいですねー。
足回りの機械美がたまりません。
風景も本州ほかとかなり違ってて寂寥感を漂わせてます。
流改は九州にもいたのに1両も残してくれませんでしたね。
形式入りプレートの34号や台座の上に安全弁が載ってる27号とか保存機でいいから
生で見たかったですね。

C5530。元流線型の最後の生き残りでしたね。保存される筈が手違いで天に召された悲運のカマでした。324レと言う事は…最果て鈍行として知られたあの列車でしょうか?それにしてはカマ次位からスハフ44+オハ36…青塗車が2両もあるのはちょっと贅沢ですね(^^);3両めはスハ32系っぽいですが…(スハフ32かも?)。4両目は流石に辺別は出来かねましたがその後はスユニ60、最後尾は丸屋根の様ですからマニ35かマニ36ですね。

ただ…重箱の隅を突く様で恐縮ですが確か宗谷本線の客レでは、郵便車・荷物車は上り側(旭川側)に付くのが原則でした。324レならスユニ・マニはカマ次位になります。お写真ではスユニ・マニが編成後ろ側ですので若しかしたら稚内行きの321レでは?
或いは当時現役だった各支線からの乗り入れ等の関係で連結順が逆転していたのでしょうか?在来一般型客車の場合最後尾に後部標識さえ出せれば編成順や向きに制約はありませんので何とでもなるものですから…(^^);
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR