交通科学館閉館と(弁天町)

旧聞ですが 昨日の新聞に 来年春 環状線弁天町駅下にある交通科学館が閉館するとの記事がありました。
将来京都に交通博物館が出来るから展示物の移動も当然ですね。
それに肝心の入館者も年々減ってるようで、

PICT1355s_20130726072102.jpg

昭和45年 春 午前撮影、環状線外側か内側か記憶になし、こうやって書く段になると気になりました。検証がてら行きますか?(^^)
この頃はまだまだ蒸気機関車が現役でバンバン走っていました。
しかし残念ながら鉄道知識がなかったので写真を撮っていません。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 何気に、

楓ちゃん 様
この時はまだ罐がピガピカですね。C5345がこの数年前?に東海道を復活走行試験した時の記録レコード持っています。これは西尾克三郎氏が監修なさってた筈、また氏の蒸気の写真集も持っています。ご存じでしたか?私忘れていました。鉄道に関する専門家の方々どんどん鬼籍に入られるのでそれまでに貴重な頭の中の資料を後世に残してほしいものです。関西には国鉄勤務でその時の貴重な話を雑紙に書かれていたのを憶えています。それらをまとめないと鉄道遺産として!
梅小路はどうなるんでしょうか?J西ですから、。。。。。

何気に、

交通科学館でC62と並ぶC5345の絵はかなり貴重だと思います !
この頃には、まだ大御所西尾克三郎先生がいたのでは ?

東もそうですが、何か鉄博的なミュージアムはピンと来ません・・・
梅小路の雰囲気も変わってしまうんでしょうね。かなり残念。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR