不夜城の町で(苫小牧)

上り貨物が発車準備です。そして発車していきました。
我ながら上手く撮れたなぁ~と。 まぁデジカメの存在なんど全く想像も出来なかった時代です。
夜の撮影には勘が頼り! 現像明けまで、それに紙焼き迄その出来は分かりませんでした。
しかも結果が分かったのは蒸気が無くなってから数年経って焼き付け道具を買ってからでした。(ー-)
そんな時代でした。

c51s.jpg


c52s.jpg

昭和49年 晩秋か? メモ紛失にて確かなことは。。。。 苫小牧

バックライトに庇がありますね。ということは1000番台の何か、撮ってたような。何号機だったろう?
夕方から夜はいつも海風でしたね。

c53s.jpg




c54s.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: すばらしいですね !

楓ちゃん 様
ありがとうございます。今持っているのはコンデジなので私の技量も発揮できません(爆)
昔から何でもやってやろうで(^^)露出とか時間を想像しながらやっていました。三脚は重くて嵩張るのと臨機応変に対応できないので嫌いでした。それなら人間三脚でと。今でもズーム時には足を開いて踏ん張ってコンデジを構えています(笑)

すばらしいですね !

「人間なせばなる !」
わたしもたった一度、中国の阜新の駅でとっさの1秒手持ちをなんとか気合いで止めた(笑)ことがあります。
郷愁紀行さんは、何十年も前からそれを実行なさってたのですね m(_ _)m

Re: まさか・・・

マイオ 様
はい、三脚はアルミの安物でしたので役立たずで(笑)静止物体にはレリースだけは愛用しました。プラットホームとか堅いモノにカメラを置いて2~5秒息を止めてジーパチです。動態にはf2.0開放の1/16以下にして脇を締めてカメラを構え、息を止めてパチリンです(^^)踏切のライトでも撮ってましたね。
九州に行った時都城でC57、D51の白煙がライトに照らされ黙々と上がっていく姿を撮ってから病みつきになりまして、夜も明かりがあれば撮りまくってました(笑)

まさか・・・

これ全部手持ち撮影ですか?
だとすると、当時夜間撮影にすごい自信があったんですね。
私は陽光がある間は「人間露出計」のつもり(笑)でいましたが、暮れてからは
もう自信喪失。ピンも甘いし、ましてやバルブの秒数も「ノー感じ」。
少しは成功作がぽつぽつ現れたところで、現役蒸気終焉となりました。
デジカメって私にとっては「夜間の救いの神」ですね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR