雨中走行C57客レ(登別)

狂電関人様の雨のお写真に刺激を受けまして、私も(^^)
傘を差しながらの雨の風景です。ここは野原雨よけは何処にもありません。折りたたみ傘を肩に寄りかかけ大事なフィルムやSLダイヤが入った鞄を肩に掛けます。両肩が塞がり窮屈な形でカメラを構えます。しかしここはバックが海と空、完全なる逆光状態。どうしたものか?結局露出不足に、列車の車体は判別不能、影絵になってしまいました。(涙)そこで今回はできるだけ姿が分かるように色づけしてみました。

これはお気に入りの俯瞰写真を撮っていた山の手前からです。この前の道を歩いて山登りというか崖上りをして、否、ちゃんと細い獣道がありましたが(笑)
この日は雨、危険なことは出来ません。麓から楽して撮らして貰いました。今思いますにきっと足元はずぶ濡れだったような、春とはいえ北の日中、寒かったような思いが。。。。


cPICT1019s.jpg

昭和50年5月 登別ー富浦
cPICT1021s.jpg


cPICT1024s.jpg


cPICT1027s.jpg


cPICT1028s.jpg

後追い数枚ありますが黒く埋もれてしまいました。
このあと数列車を撮影後 登別駅へとくたくたになって引き上げたと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR