残雪と牧場&D51(生田原)

何度目かの生田原からの常紋への登坂、下り大雪5号で生田原下車。
朝日が昇ってきて向こうの山々にはうっすらと流れる雲、そして緑のコンテナ。、
叙情的な写真が撮れました(^^)

PICT0495s.jpg


昭和50年4月初旬 常紋ー生田原 
これぐらいの貨物なら後補機なしですね、
それにしてもいつ頃からコンテナは緑で無くなったのでしょう?
PICT0498s_20130407191309.jpg



PICT0502s_20130407191312.jpg


こちらも上から見るとゆっくりゆっくり昇って行くように見えました。
当然見えている限りシャッターは切りました。何れ連続写真で発表したいです、いつか(^^)

PICT0505s.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 常紋への道

佐倉 様
毎年この時期になるとこの景色を思い出します。大雪5号の中で今日はカラー・フィルムで撮ろうと決め(カメラ一台しか持ってませんでしたので)カラーを装填し、期待に違わぬ良い風景を撮られてラッキーだと感謝です(^^)
このネガもなんとか劣化前にスキャンできてこれまたラッキーでした。 そう、歩いたと思います。今となっては遠い彼方でどれだけ歩いたかは記憶が皆飛んで行ってます(爆)

常紋への道

 白煙たなびく姿は良いですねぇ。
 しかも見通しが良くてずっと見えている...蒸気機関車撮影の醍醐味ですね。
 ここは生田原の駅からは大分歩く必要があったのでは?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR