昭和の残景に183系を絡め(宝塚)

どれが昭和の名残かと申しますと、手前に移っている車止めがある線路。この線路が懐かしの線路で、この先に採石の積み込み場がありまして毎日?一往復吹田からD51が通っていました。またこの先左に武庫川鉄橋を渡った所にはウィルキンソン炭酸の生瀬工場がありました。当然引き込み線もありました。昔は貨物便があり各駅で入れ替え作業をしていました。よく通っていた中山寺駅でも貨物の引き込み線に行く度に違う貨車が留まっていました。

IMG_6633s.jpg

2013/02/24 宝塚ー生瀬

この線路の向こう側には友人の家があり当時一緒に彼は進級試験、私は受験勉強をしたものです。彼も鉄ちゃんで家の横を通る蒸気機関車を撮ったりしていました。ここはちょうど宝塚駅に向かって程良く長い上り坂になっているのでC57が結構な煙を上げている写真をもらったりもしていました。そんなことを思い出しながら彼の家とは反対側のこの場所に40年目にして初めて立ちました。複線電化になったとはいえ冬の光線があまり変わっていない古びた線路を浮かび上がらせてました。、
春に開かれる同窓会、彼は来るのかな?皆それぞれ色んな人生を歩んで来ましたから。おっとととと、懐古趣味は早い、まだ我々にはまだ先があるんだから(爆)
宵寝をしてしまい目覚めた夜中に考えるは懐かし時代ばかりなり(笑)



IMG_6634s.jpg


IMG_6631s.jpg

この真後ろが宝塚駅なので出たばかりの電車はゆっくりと加速しますので、じっくりゆっくり撮れます(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR