瑞風が山陽路一番列車通過(須磨)

瑞風のサイド狙いに挑戦しました。前回は正面撮りでちょっと面白くありませんでしたのでサイドは此所でと決めていました。お天気もカンカン照りでなく、汗が出ない程度の暑さで良かったです。ただ不満は 波が凪いでいてちょっと残念で、それから肝心なのがシャッタースピード1/1000 ISO 200にしても色が露出不足になって露出はオートですが明るいところに(空バックに)振ると色が飛んでしまって、これならアナログのレンズを付けたら良かったかなと反省です。 ただこれが大晴天ならこらがバッチリ正解なのですが、中途半端な明るさにはどうすれば良いのか私分かりません(--)
しかしまぁ時間が経ってからの結果論でして、今日の記事を書き出した時の感想は
「やっとまともに撮れました。ただ防潮塀にある柵には気づきませんでした。こんどはもっと足元から見えるところで撮らねば(^^)」
やっと撮れた満足感で充実ですね(^^) 御同業も周りにみあたらず、もう通常の反応になったのかな?と思ったりしていました。

まずは別サイトのこちらからどうぞ、 目の前に飛び込んできた光景から(^^) 

DSC_7434s.jpg

DSC_7439s.jpg

DSC_7441s.jpg

DSC_7447s.jpg

DSC_7450s.jpg

DSC_7451s.jpg

車掌室の窓が開いています。晴れていたら海が綺麗かったんですがね。

DSC_7453s.jpg

堤防の親子連れさん気づいてくれましたかな、私堤防の上でカメラ持って目立ってましたから(^^)
2017/06/24 塩屋ー須磨
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR