久しぶりに夜行列車が通る(中山寺)

山陰サロンカーなにわ」別名「だいせん⇔出雲」が福知山線を走りました。”だいせん”なんて学生時代の急行の名前です。DF50が牽く(DD54だったかな)夜行列車が明け方に冬は真っ暗な中、夏は明るくなったころラジオの深夜放送が終わって朝の宗教番組が流れる頃 山の麓をガタごとガタごとと音を立てて走って行きました。
そして今回当地をDD51が客車を牽いて23時前に通るなんて、ノスタルジーの極みです。まぁ客車がせめて12系ならまだよかったんですが、それではお客が集まりませんね(笑)
時代は変わってデジタルの世界、昔なら撮れなかった走る夜汽車がカラーで撮れるなんて(驚) 寒い中、寒さを堪えるために足踏みする駅待ち、そういえば昔SLの夜間撮影をしていた時を思い出しました。当時は 1/30 開放白黒、息を止めてシャッターを押します。そうして走っている姿が写っていれば儲けものでした(^^) デジタルになって ISO1600にしてS/S 1/100 f4.5 でも写るなんて。(さすがに明かりのない所は無理でしたが)  

DSC_5412v.jpg

DSC_5413v.jpg


DSC_5414v.jpg

DSC_5417v.jpg

夜汽車も我が腕ではこれまででした。(^^;  まぁ強いてよく言えばオリジナルの車体色が出ず良かったですが(笑)。期待したのはDDのヘッドライトが先の線路を照らすところが写って欲しかったです。
2017/03/18 中山寺ー宝塚
スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR