夜の帳が落ちてのC58(和歌山)

紀伊田辺から鈍行に乗ってやっと和歌山に着きました。そして和歌山市行きを見送り今度は逆のC58の牽く紀伊田辺行き各停を撮影です。
ピンぼけの多い写真の中でよくぞこんなに綺麗に残ってくれました。(^^)
折角綺麗に写りましたのに一期一会といえお渡ししたかったです。当時は金銭的にも余裕がありませんでしたのでそれっきりになってしまいました。そんなことは数え上げたら切りがありません。ほんと皆さんにお世話になりました。良い風にいえばシャイでしたのでお礼もお声掛けも出来ませんでした。まだまだ子供でした。

これもお気に入りの一枚になりました。
PICT1768v_20170302214534fcb.jpg

ホーム番線と時計の針を出そうとしたのですが露出が無理でした。
PICT1768vb.jpg

PICT1767v.jpg
時系列これが先ですので到着と同時に買い出しのおばちゃんでしょうか?どっと乗り込むように見えます。機関士さんが後を向いて確認、この風景まるで映画みたいです(^^)C58267に見えるのですが、それならS46/3/31の配置表では亀山ですが。。。。

PICT1769v_20170302214536994.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは中線に停まっているので貨物でしょうか?どっち向いているのか背景が駅舎なら南向きでしょうか?

PICT1771v.jpg


PICT1772v.jpg
これはなんとか読めました。 C58354 竜華 (S46/3/31)

昭和46年3月 和歌山
スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR