梅小路にて懐かし罐を見る

先週の未UP分より) 京都駅を通過する際はいつも手前にある梅小路鉄道記念館を撮影してしまいます。今日のスチーム号は何かな?といつも注視してしまいます。 この日は運よくC622が当たっていました。
この日は土曜日でしたので先行していた新快速の乗客が多く乗降に時間が係りホーム空き待ちです。線路は内と外ですがホームは同じですので前が閊えて進めません。手前の西大路駅を発車しても徐行運転です。お陰で梅小路機関車館前も低速通過ですのでしっかり撮れました。(^^)

DSC_5270v.jpg

D51200が見えました。早く復活して欲しいものです。連休の「北びわこ」号はまたC56でしょうか?

DSC_5272v.jpg

C622の姿が見えました。スチーム号だけでは勿体ないですね。でも本線が高速運転では。。。。呉線はもう過去ですね。残念。
菊のご紋章が見えました。C58ですか?。行きたいと思うのですがまだ行ってません。足の具合が、足と相談してからですね。京都駅からバスもありますがあの距離で230円で、しかも渋滞でノロノロになりますからね(--)、昔は往復歩いていましたがタキイ前も金網が絶対撮れないように金網の隙間も狭く不可です。ですから歩いていても楽しくないですね。

DSC_5272v2.jpg

こちら石山からの帰りです。EF65-2114が梅小路配給で来ていました。トワ罐や原色機は単機でも絵になりますね。

DSC_5373v.jpg

2017/03/18 梅小路
スポンサーサイト

丹波路にDD51牽く客レ(広野)

昨日の続きにて、
DD51-1191牽く山陰版サロンカーなにわが到着しました。
DSC_5439v.jpg
2017/03/20 広野にて

サロンカー”出雲HM”も鮮やかに(広野)

出雲帰りといっても出雲市ではなく米子からでしたが、まぁそれは置いといて、久しぶりの福知山線広野駅3番線待避です。何度も書いていますがその昔C5741が牽くイベント列車がありました。その列車が急行「XXXX」を先行さすために広野駅3番線で待避していました。
今回は上り列車で逆向きですが、それにしても懐かしいです。今まで駅横の武庫川の堤防から撮影していませんでしたので違ったアングルで、それに大勢の撮り鉄さんの中に入るのも。2時間くらい前に広野に着きましたが狙っていた場所は先人がおられたのでパスして駅周辺になりました。まぁこれも想定内ですが(^^) 当面の狙いは踏切手前から駅進入でしたがどうもこの200ミリでは様にならず諦めて堤防からのサイドから編成撮りにしました。 不思議なことにこちら側は誰も居られませんでした。後から地元の方がお一人来られました。その方とあれやこれやと歓談させてもらい時を忘れました。

DSC_5440s.jpg 武庫川が右手に、

30分ほど時間調整の停車です。なんといっても待避線のあるのはここぐらいしかありませんし、30分もありますので車で追っかけの方も追いつかれて此処で最後の撮影でしょう。此処から先の追っかけは絶対無理です。なんといっても列車は高速の渋滞がありませんから早いです。(笑)

DSC_5453s_201703202235110a7.jpgオート撮りで。。。

DSC_5455s.jpg

DSC_5457s.jpg

DSC_5463s.jpg
左へカーブして立派な武庫川鉄橋を渡ります。
2017/03/20 広野ー新三田    こちらに関連ページを。

久しぶりに夜行列車が通る(中山寺)

山陰サロンカーなにわ」別名「だいせん⇔出雲」が福知山線を走りました。”だいせん”なんて学生時代の急行の名前です。DF50が牽く(DD54だったかな)夜行列車が明け方に冬は真っ暗な中、夏は明るくなったころラジオの深夜放送が終わって朝の宗教番組が流れる頃 山の麓をガタごとガタごとと音を立てて走って行きました。
そして今回当地をDD51が客車を牽いて23時前に通るなんて、ノスタルジーの極みです。まぁ客車がせめて12系ならまだよかったんですが、それではお客が集まりませんね(笑)
時代は変わってデジタルの世界、昔なら撮れなかった走る夜汽車がカラーで撮れるなんて(驚) 寒い中、寒さを堪えるために足踏みする駅待ち、そういえば昔SLの夜間撮影をしていた時を思い出しました。当時は 1/30 開放白黒、息を止めてシャッターを押します。そうして走っている姿が写っていれば儲けものでした(^^) デジタルになって ISO1600にしてS/S 1/100 f4.5 でも写るなんて。(さすがに明かりのない所は無理でしたが)  

DSC_5412v.jpg

DSC_5413v.jpg


DSC_5414v.jpg

DSC_5417v.jpg

夜汽車も我が腕ではこれまででした。(^^;  まぁ強いてよく言えばオリジナルの車体色が出ず良かったですが(笑)。期待したのはDDのヘッドライトが先の線路を照らすところが写って欲しかったです。
2017/03/18 中山寺ー宝塚

EF65-2139追いかけて(石山~)

本日は以前から皆さんのお写真を拝見し行きたいと思っていた石山の瀬田川橋梁に、2139なら遠めでも色の違いではっきり分かると、それに京阪のオリジナルカラーもなくなるというので撮っておきたかったので、 あとはシノヤスですね(^^)

瀬田川で撮ろうと思いましたが望遠では川幅と合わず罐UPになってしまうのでここは名所らしく橋絡みで撮りたかったのですがいまひとつ気乗りせず、桃と快速をだけとって引き上げました。何分手持ちの広角レンズは解像度が低くピントが合わず閉まらぬ結果ばかりでしたので、こうなったらニコマートの50ミリを使おうかと思っています。
5087レ通過まで30分はあるのでゆっくり京阪坂本石山線の旧京阪色だけ撮ってJR石山のホームへ、すると列車線が通過表示、それにホーム端に御同業が固まってられます。油断してました。もうやって来ました。土日ダイヤで早いのでしょうか?何とか形だけ撮りました。あまりに早いので梅小路で待避か?と直ぐ後から来た快速に乗り西下します。次駅膳所でふと横を見ますとコンテナが、ここで待避ですか。

DSC_5333s.jpg - - - DSC_5334s.jpg 石山

DSC_5340s.jpg 膳所

大津
DSC_5350s.jpg - - - DSC_5357s.jpg
抜いたのだから先乗りでどこで待つか、そうはいっても大津と山科しかなし。それなら未撮影の大津にしました。下車してあとの新快速が内線を走ってきて、ほどなく外線をやってきました。これまた微妙なカットになってしまいました(^^;トリミングだらけです。
こちらに後追いカットを。

このあと快速に乗り山崎へ、梅小路でSL館にカメラを向けているとトワ罐の1124が入れ替えをしていました。これに気を取られ2139の追い抜きを確認をせず。果たして後ろから来るのかな不安になりつつも名神クロスにもご同業がおられましたので一安心して先へ、こうなったら上牧で迎え撃ちましょうと、余裕時間は10分、阪急大山崎から上牧下車、速足でいつもの場所へ向かいます。
梅の木の前にお一人梅絡みで三脚立ててられました。来るか来るかと待つ間もなく直ぐやって来ました。お~綺麗。晴れていたらなぁ~。陽は段々北に回りますから光線的に今が旬です。(私的には)

DSC_5379s.jpg

DSC_5385s_20170318195214ea8.jpg

2017/03/18 高槻ー島本   こちらにも上げました。

続きを読む

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR