地上駅を探して(相川)

最近JR貨物ばかり撮っていますと行く先々きの駅は橋上駅になってしまいちょっと淋しくなっております。経営効率的にはその方が良いでしょうが余りに高い橋上は階段上がり下がりが辛いです。一応エスカレーターはありますが。。。。高架線でなく地上線の場合は西宮のように半地下改札の方が便利なのですが。。。。
ここ阪急京都線相川は駅両側に川が流れていますので堤防から堤防へ高架みたいな感じですが、昔もそうだったんでしょうかね?

IMG_7728v.jpg - - - IMG_7727v.jpg
十三から河原町行特急に乗り淡路で普通に乗り換え相川で後から来る特急を待避です。次駅は正雀(しょうじゃく)いつも正雀に行く時ここで待たされるのでチョイ、テンション⤵もうすぐそこなのに待避するなら正雀にして欲しいです(笑)梅田行きは正雀待避なんですが。

IMG_7729v.jpg - - - - IMG_7784v.jpg
JR側より高校短大があるメインの改札口を望む。戦前母が通っていた女子高があります。去年父が亡くなった時に遺品を整理していましたら両親の若い写真が出てきました。なんとも歴史を感じてしまいました。当然この京阪神急行電車で通っていたんですね。この地下道もあったのでしょうか?
最近十三駅で発見された新京阪時代の地下道壁にあった昔の行先案内の記事に驚き、忘れていた古い駅施設を探したくなりました。早くしないと。。。。
2016年08/14 相川
スポンサーサイト

今津橋(阪急電車阪神国道)

最近よく行く阪神国道から、古いものを見るとどうしても気になります。駅を出て撮影ポイントに行く手前に橋の跡があります。いつも全く気にならなかったのですが偶々お日様の光線が当たり字を浮き出させていました。
大正15年4月と読めました。しかしその下の字が読めません。その時は橋の名前が何処に書いてあるのか分らずじまいで反対側を見るということに気づきませんでした。そして先日この空き地がどうなっているのか気になって歩いていくときに目に入りました。
今津橋というのですね。今津はここから南へ数キロ下になるのですが川が流れていたのでしょうね。でも駅の西側に社会保険事務所横に2車線幅くらいの川が流れているのです。古地図を探さないといけませんね(^^)

DSC_3927s.jpg - - - DSC_3927as.jpg

DSC_3854v.jpg
駅に向いて道路右の灌木の向こう端にあります。川はもちろん埋められたのでしょうかありません。

DSC_3851v.jpg

昨日通った時には作業の車も入り柵も作り替えられ警備員さんも居られもうこの空き地空き地した景色は撮れないでしょう。通勤とかで通るならこの変化を撮っていおきたいです。学生時代にデジカメがあれば撮りたい所は幾らでもありました(笑)この当たり前の景色が時が経てば思いもかけない風景に変わることがありますから記録写真としてでも残しておきたいです。もう二度と同じ景色は見られないのですからね。

DSC_3838v.jpg

DSC_3910k.jpg

DSC_3911k.jpg
上り電車、普通があっという間に新快速に抜かれていきました。
2016年 年末正月前 阪神国道 こちら 関連ページです

京阪大津線山科駅

山科での撮影続けます。 琵琶湖疏水の堰堤というか遊歩道から撮影を終えての帰り路です。京都市内行き

DSC_3691v.jpg - - - DSC_3691vw.jpgこのHM
琵琶湖疏水観光キャンペーンの一環でした。今年の春からだったんですね。知らなかった。
 ”琵琶湖疏水、水と歴史の、みちめぐり。”とあり、また 「水の道1dayチケット」というのがありました。ここに載ってる路線図でやっと京阪山科駅で降りるのと京都市営地下鉄東西線山科駅で降りるのとで運賃が違うのがやっと理解できました。
その昔まだ地下鉄が出来る前、路面電車で三条から浜大津まで行った印象が強すぎました。蹴上に御陵、そして追分、蝉丸神社に逢坂山、古文で習ったような地名が出て来て感激しました(^^) それが現在電車は地下に潜って路線のメインが京阪電車でなくなったことに理解出来てませんでした。昔通り三条から乗ったのになんで料金が?って、
山科の一つ手前 「御陵」みささぎ駅(ここで六地蔵(宇治)方面と大津方面へ線路が別れています) 三条京阪から乗って来ますとアナウンスで山科駅でも市営と京阪山科で降りる場合JRの改札目の前にある京阪山科で降りると*地下鉄運賃+京阪電車の運賃がplusされると、ネット検索しましたら¥260と¥360、地下鉄ができてから乗った時は「スルッと関西フリーチケット」で浜大津までストレートで行きましたのでこの意味が分かりませんでした。でもね同じ電車に乗って降りる時に地上で駅近が高く地下でちょとおJRから遠いので安い。 
京阪は御陵から浜大津までの線が京阪線になるので三条京阪は市営地下鉄だから御陵は市営地下鉄、確か東京でも葛飾柴又からJRに乗り換えるとき迷ったのを思い出します。損したような?東京はまだ理解出来てません。(笑)

    ↓  JR山科駅前の京阪大津線踏切からです。

DSC_3818s.jpgまずは東を向いて。この先 東海道の国道1号線に名神高速が寄ってきて併走して逢坂の谷間を越え下って行きます。昔は乗り鉄でしたので今度は写真撮りに行きたいです。10年前はこんな電車でしたっけね?印象が違います。
DSC_3816v.jpgこちらは西側を向いて京阪山科駅からバックは花山天文台の東山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらは帰りJRの山科駅ホームに上がりますと目の前をチキ2両を牽いたEF641014 8865レが通過して行きました。
慌てていたので電源をオンにするのを忘れて一瞬逃しました(汗)
DSC_3820v.jpg

2016/12/24 山科

昔のレンズに差し替えて

今から40年前SL撮影に使っていたニコマート、このレンズが今使っているニコンD3200にも使えるとあり一度試してやろうとトライしてみました。
しかしピタリ嵌りましたが重いです。それに長年使っていなかったので105ミリ望遠をピント合わせで回すとき重く動きが鈍いです。
私の思惑としては今現在使っているデジイチのピント合わせが昔のように解消されるのを期待したのですが、しかしこのデジイチに装填するとピントが105ミリを回し切ったところの画にしかピントが合わず、望遠でしかピントが合いません。
昔アナログでやっていたように手前にピントを合わせて後ろをぼかすやり方が出来ません。
この作業がこのD3200ではではなくマークに合わせると出来るようなことが書いてあるのですが昨日も環状線野田駅で試してみましたがよくわかりません。
そんなこともありアナログ時代を思い出してニコマートのレンズをデジカメに付けたのですが所謂無限にピントを合わせないとてまえの景色がボケてしまってピントが合いません。 まぁそんな中でやる気を起こしたのが16:30、外はもう夕暮れ景色、これはこれでいい色が出るのではと近場の線路でお手軽撮影です。
ただデジイチはMにしないとレンズ装着無しと表示され手動にてダイヤル合わせです。そうなると露出が固定になりシャッタースピードで画像判断です。ですからもう夕闇が迫っていましたので 1/100切りです。f不明ISO100
撮り終えての感想なんですが、何かニコマートのレンズの方が奇麗に写っているような気がして、まぁ同じ条件で撮り比べていませんからなんとも言えませんが、昔はレンズも本体も日本製で良かったのかな?それともcost by 何とやらで価格比較したらニコマートの方が上なんでしょうか? 今度は明るいところでやってみましょうかね。

DSC_3623s.jpg

DSC_3626s.jpg

DSC_3629s.jpg

ちょっと歩いて並行するJR線の踏切で。

DSC_3642s.jpg
2016/12/18 阪急清荒神ー売布神社

茜色に染まり(十三大橋)

今日は月一の大阪行き、その帰りの風景です。急行が出た後1分後にこの普通電車が発車します。次駅中津を出て新淀川を渡ります。今日は夕日が奇麗に東を茜色に染めていました。今朝までの強風で塵も飛ばされ生駒山系が奇麗に見えていましたので写欲が湧きコンデジを取り出し撮影です。

IMG_8609s.jpg


IMG_8613s.jpg
円いアーチの橋が新御堂を挟んで大阪市営地下鉄、そしてその向こうにダブって見えるトラスト橋がJR上淀川鉄橋です。
1分遅く梅田を出た河原町行準急が十三に到着です。そしてわが乗車中の雲雀丘花屋敷行き普通は発車です。
IMG_8615s.jpg
2016/12/16 中津ー十三 #3364+
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR