仕業待ち静かに佇むはC58390(北見)

過去の写真より、今日は蒸気機関車の現役時代が見たくなり過去のネガを繰っておりました。
いつも通った北見駅、先日話題になった常呂は網走から湧網線の9600を追いかけた時通っただけで先の能取湖畔しか撮っていなかったな。
これはこの日の宿 札幌行き夜行「だいせつX号」に乗る前に毎回機関庫を彷徨いていました。これは網走行きの最終列車を牽引するC58390です。
こんなに綺麗に自分的にですが(笑) 写っているコマはそんなにありません。今までの保存状態が悪かったのか現像が今一つだったのか?まぁ写真店に現像だけ出していましたのでなんとも。これも含めて全て一期一会ということでしょうか。

ご注意、画像 非常に大きくなりますのでご注意ください。

cPICT0771q.jpg


cPICT0770x.jpg


cPICT0772x.jpg


cPICT0775x.jpg 白黒の濃淡が、ちょっとアレンジしてみました。白いのは☆ではなくゴミで。尚、点検ライトの光跡が撮れたのはこれ一枚きりです。夜は夜で色んなviewが撮れて楽しかったんですが、もっと夜活しておきたかったなぁ。いまはデジタルで簡単ですが三脚無しで撮っていましたのでそれはそれでやり甲斐がありました。でもレリーフは使いましたが。今のデジカメもレリーフなんてどう使うんだろう、ふと気づきました。こうなると三脚必要ですね。でも高価だしなぁ、。。。。


cPICT0777x.jpg

1980年5月 北見
この続きは👉 こちらになります。* ブログ開設初期の頃で上げることに必死で発車から去りゆく後姿まで連続で撮っておりましたがネガ加工が面倒だったのでここでは写真は2枚しか加工していませんでした。これから残りのネガも順にいつか加工していかねばと思っています。こんなのが一杯ありまして、ちと目が疲れしんどいです。。。。(^^;
明るい朝のC58390をこちらに。
スポンサーサイト

美しき後姿の1527レ(北見)

昨日の続きです。北見発のC58390旅客出発シーンは正面蓋が完璧に錆色になってしまい(悩)、
しかしせっかく先年PCスキャンできたネガをなんとかカラー化出来ないか?
顔正面が駄目なら客車と白煙が大きく写っているのならどうか? 客車なら青でも茶色でも構いません。((笑))
そしたらなんと東へ向かう白煙を吐き猛然と去って行く姿が再現されました(^^) この列車北見でカラーで撮った記憶が?でも例えカラーで撮っていたとしても40年後ネガ劣化でここまで再現出来たかどうか? AI様々です(笑)

colorized97s.jpg

昭和50年 5月23日 北見 C58390

新鮮な空気の中で白煙を(北見)

ちょっと現代物に眼が慣れて疲れましたので息抜きで古い画像をカラー化しました。
 そしたらなんと凄く新鮮に! 札幌を前日に出た急行大雪号 長い旅路も終着へラスト・ランです。
北の5月の朝はもう明るく冷たく新鮮な空気の中、未だ早朝ですので街の賑わいもまだなく静かな駅構内です。
機関庫からC58390が1527レ牽引に 庫ではなく外で待機していたC58390が本線へ出て行きました。
それにしても長編成の急行列車落ち普通列車、格好良かったですねぇ!
渡道の数は少なかったですが行けば必ず何往復もして宿賃を浮かしていました。それに何と言っても早朝撮影が出来るのが嬉しかったです。

colorized96s.jpg

昭和50年5月23日北見 C58390 過去画像こちらです。 自動ポイントでないので係員さんが。。。
【捕捉】 出発時の正面写真も加工しましたがどうしても罐全体が錆び色になってしまって諦めました。

大雪5号明け普通列車(北見)

今回は間違えようがない画を! 後はだぶって二重投稿しているかどうかだけです(爆)
何しろお気に入りネガは簡易スキャナとPCスキャナで2,3回とやっていますものでファィル番号が違えばきっちり忘れています(汗)
 では、 以前UPしました C58390の 出発前の整備中風景より、続けて、その北見駅出発風景です。ただし煙を立ち上げるところからきっちり撮っていましたが加工の数が増えますので省きました。

cPICT0653v.jpg

ちょっとドレインを強調したかったので 次のコマと大きさが違います。しかし時系列はこの通りです

cPICT0654v.jpg

cPICT0656v.jpg


cPICT0661v.jpg

北見にて 昭和50年4月末もしくは5月中~後半 (前にもupしたような気がするんだけど。。。)

終列車の流れる白煙(北見)

まだ風邪のしこりが残っています。作り置きからより
毎度北見から出る札幌行き「大雪5号」に乗る発車前には必ず撮っていました。
 こ列車の出発前の風景もあるのですがそれは別の時に 
目の前を轟音をとどろかせ通過していました。 (この前のコマは 下のつづきに)

cPICT0501s.jpg

昭和50年5月 北見 網走行き最終列車
これまた 別の日の同じ風景です。

続きを読む

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR