甲山とSL(中山寺ー宝塚)

遠くに六甲山の東の端と甲山(かぶとやま)が見えます。今も当然見えますがその見える景色は全く違います。    半世紀近く昔の福知山線大阪近郊です。三田方面から出て来られる人は大概宝塚で阪急に乗り換えられていました。
単線非電化の福知山線は一時間に1本の運行、方や15分内に急行と各停が交互に出てました。 国鉄は上手くいけば7,8両の客車で座れますが、ヘタすればDC2両のみ。  でも私鉄がストになった時は大変でした。阪急から流れてきた人で沿線各駅はホームも列車も人で溢れて超満員、積み残し多々あり。所謂企業戦士だった父達はぎゅぎゅうづめの列車に乗って大阪へ出勤しておりました。 ちなみに混むと分かっていても増結など増発は大組織の中では無理な相談でしょう?(笑)、 近距離の私鉄では臨時列車の増発増結なんてお手の物なのでしょうが。。。。甲子園球場がある阪神電車など神業ですね(^^) まぁ運行距離が違いますからね!
   これは中学時代 昭和41年秋、父のカメラを持ち出して撮影したものです。晴れた日曜の午後、この4枚しか撮っていません。だってこの時間帯に通ったのはこれだけでしたし。。。。。。 時刻表を調べれば時間帯も列車番号も分かるでしょうが、楽しみは残しましょう(^^)
C11はきっと篠山口ー大阪(たぶん)の上り列車、そして中山寺駅で交換したと思われる下り列車です。そしてやってきたのはC57が牽く上り列車。福知山からか?それともその奥からでしょうか? 

aki-1s.jpg

aki-2s.jpg

aki-3s.jpg

aki-4s.jpg

昭和41年秋 中山寺ー宝塚      C5741でしょうね? そんな感じがします。
スポンサーサイト

昔の駅(武田尾、生瀬)

一昨日出かけた武田尾駅昔の古い写真を引っ張り出しました。
 これは三田から大阪まで回送のC5741を追っかけた時の一部です。国鉄時代はこの区間は身近でありながらほとんど写真を撮っていませんでした。僅かですが貴重なものになりました。ここも保津峡と似た景色でした。それゆえ数年早く無煙化されたこちらを想像し山陰線に行きたかったのですが経済的にも時間的にも行けませんでした。
単線ローカルのクネクネ曲がった旧線と直線を目指したトンネルだらけの複線電化、その大きな違いに呆然とします。 これは武田尾を出た処です。

PICT1082v.jpg

対向列車の牽引機を見ようと拡大してみましたが無理でした。
たぶんDF50と思うのですがDD54はもう×に?

PICT1082v2.jpg

そして次駅 生瀬(なまぜ) 発車です。
当時は島式ホームでしたが今は複線電化で相対ホームに。

PICT1088v.jpg

1972年 昭和47年8月21日 夕方   武田尾、生瀬(なまぜ) 

続きを読む

普電停車中 53年前の尼崎

早くUPしておかねばその存在が知られないままで過去に消えてしまいそうで(笑) 分かってはいるのですが時間が、そんなことも言っておれないですしね、
佐倉さんの記事を読んでひとしお思いが募りました。(^^) 
未整理な記録、誰も記録していなかったであろうローカル時代の国鉄宝塚ー中山寺ー大阪間を走ったC57蒸気最晩年の軌跡を!まだ健康ではありますが先の事は分かりませんしね(爆)
とりあえず予告編みたいな。。。まとめて発表したかったのですがいつの事になるやら分かりませんので、自らを奮い立たせるために序奏として。。。。。。

ある夏の日にその時代には当たり前の風景がありました。記録写真というか?記録したい、否、残しておきたい風景、というか、この時を留めておきたかった時の流れがありました。今なら動画で記録できますが50年以上昔、撮影器機も高価で不可能。写っているかどうか分からないであろうが写っている事を期待してシャッターを切っていました。 今日はまず二枚だけ(^^)

これは東海道本線尼崎駅で大阪行き福知山線車内より撮影、偶々停まっていた各停が写っていました。扉が開いているのですが4扉、5扉、詳しくないのでよく分かりません。扉の数も等間隔に並んで写っていますので何系か?

t-7gs.jpg


t-12ab.jpg

反対側の列車線を行くは九州行き夜行のようです。列車名は乗っている列車番号から時刻表を繰れば分かると思うのでうが。。。。。 とりあえずは こんな事がありました。ということで(^^) 先ほどの追い抜いた電車が迫って来てます(^^) 後に白煙が見えますがこれは最後部に繋がれた
C5741の蒸気です。三田まで先乗りして迎えに行きました。一応三田から各駅の分かりやすい記録写真は撮っております。  翌朝の団体臨を牽くためにやってきました。
昭和47年 8月21日 尼崎ー大阪 

長い坂上りC5741(宝塚)

先日ご紹介しました父のカメラでの失敗作です。
この記事は 2011年9月8日 秘められた歴史でUPしていました。
それを忘れて今日作っていました。まぁ消すのも何なので。。。。(笑)


PICT1711s_201308231552358da.jpg


昭和45年11月29日 宝塚 ー 清荒神(阪急)
長い上り坂にて大阪行き 回9722レ 12:00 

続きを読む

真夏の俄雨C5741(三田)

夏本番、昼間の快晴から夕方になると激しい雨と風が吹いてきました雷も近くに落ちだようです。
こんな天気になっていつも想い出すは40年前のことです、
翌日のイベント列車牽引の為大阪へと定期の後ろに付いて上がってきました。
この日は三田で数十分交換待ち停車があるので三田までお迎えに(^^)

PICT1068s_20130713164959.jpg


PICT1071s.jpg

こちらのつづきです・ 当然夏休み、はりきってもうこんな機会はないと大阪駅まで追いかけていきました。じび途中経過はいずれ。
昭和47年8月21日 三田 

続きを読む

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR