D514峠道を上る(恵比島ー峠下)

湿った気候でなんとも外気も気持ちも色々とあり沈んでおります(笑)
そんなときは楽しかった嬉しかった青春時代の思い出から! そんな時父はハード・ワークしてました。かな?
今は大きな煙が見たくなりました。
過去の別スキャン分より未披露分から (ネガ・コマ自体は再掲載です)

c1341v.jpg

c1342v.jpg

順が逆になりますが、坂の下、山陰からD514がゆっくりゆっくり上ってきました。 近づいてくるまで何枚も撮れました(^^)これは連続写真なのでスライド再生をしましたらその動きがなんとも・・・・・ (^^)

c1327v.jpg

昭和49年11月初め 新雪がまだ残っていました。
残念ながらこれも恵比島だったか峠下で撮ったのか思い出せません。😢
過去ページ 同じネガより簡易スキャナ分です。今回はまだPC用のスキャナが生きていた頃に、また私がスキャンに燃えていた頃にした数少ないコマです。 こちらも留萌本線で撮ったものです。
スポンサーサイト

一回のみの訪問(恵比島ー峠下)

留萌本線に行った筈なのに撮ったネガがどれか分かりませんでした。
今回は先日UPしまたコマの日付確認でそれらしいコマを探していて気づきました。テンダに10月31日の檄文がありこれで昭和49年の10月~11月と確定です。

改めて過去ログを繰りましたら2011年11月15日にD514ナメクジ(これは今回時刻表から検証してみますと 峠下で撮ってるようです。)留萌は一本だけでしたのでカテゴリーを岩見沢、の所に入れていました。それで分からなかったようで、カテゴリー修正整理です。

罐番 49616のコマがこれは深川機関区所属とありますので留萌本線と確定です。 今まで9600なのでずっと名寄本線かと思い込んでいました。 これからの峠への上り石炭の整理でしょうか?

c1310v.jpg

c1311v.jpg

c1312v.jpg 拡大しますと ↓

c1312va.jpg

昭和49年11月第1週 恵比島  この後の出発風景はいづれまた。連続写真にしています(^^。

続きを読む

奥から出でましてD51397( 滝川 )

ちょっと落語「青菜」のフレーズを使わせてもらいました(^^) 季節違いではありますが 「奥や~、大工さんが青菜を。。。。 奥から鞍馬が出でまして”くろうほうがんよしつね””うっ、弁慶”」

すみません、おふたりの書き込みで行橋ではありませんでした。ネガを簡易スキャナでするときにネガの束が南と北混入したようです。
まずこのネガを撮った場所のコマ18ありました。9600も写っており、その前後が後藤寺とはっきり分かるネガでしたので、そういえば岩見沢にも三笠の9600が居りましたね。まさかそのネガ3束分のネガケースが混ざっていたとは。失礼しました。とりあえずそのままであとで修正します。


 本日のpick upは九州行より 行橋にて、たぶん小倉方面行きのD51か? このS48年49年の日豊本線北九州エリアの運用は想い浮かびません。田川線ならC11と9600、日豊本線はこの頃は大分から南しかなかった筈だし。。。。
 
 宙に浮いた信号所ってのも絵になり好きです。 それにしても空が広いなぁ~。これで北に決まりですかね(^^)

PICT0156v.jpg - - PICT0157v.jpg


PICT0159v.jpg

  ↑ この拡大版を最後に貼りました

PICT0160v.jpg

PICT0159va.jpg

鉄道少年がいてたんですね?スキャンして初めて気づきました。当時はアナログ時代、写真代を気にして何でもかんでも撮ませんでしたが彼らも?

続きを読む

走る列車内より#1(岩見沢)

今日の雨は凄かったです。雷は鳴る、バケツをひっくり返したような雨は降る、
そんな中、夜明け前にバタバタと騒動が、終わってみれば何の事はない一安心な事が、
そして何もなかったように通常の生活に戻りました。でも大変でした(笑)

落ち着いたところで、さてどれをUPしようか?と写真を加工していましたら、これも見たいな見て欲しいな、
いつも何となく見ていた過去写真ですが、拡大して密とメインで撮っておきたかった場面が多々出て来ます(^^)
メインのSL写真でなくバックの風景写真、片隅に写っている景色が気になります。
そこで 写真拡大シリーズと銘打ってUPしていきます。

cPICT1536xa.jpg



cPICT1537x.jpg

岩見沢発の夕方の苫小牧方面列車より。たぶん(^^)
昭和49年8月か11月か 50年4月か5月か? 

続きを読む

つつがなく到着(岩見沢)

こちらの続きです。 昼間の下りC5738 、栗丘からの帰りでした。
本日も無事運転、終着駅到着、業務終了です(^^)

cPICT0892s.jpg



cPICT0893s.jpg

跨線橋を渡り改札口を出る前に一枚。しかしこのあとどうやって引き上げていったのでしょう?
罐だけ単機で機関庫でしょうか?ならばこれは折り返しの室蘭行きになるのでここままか?
ホームはココでよかったのか?想像が膨らみます。 今頃になって気になってきました。
昭和49年8月 岩見沢
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR