北の春の訪れ(富浦)

桜も満開今を盛りと咲き誇っています。これを撮ろうと思いましたがどうしても肉眼との印象の差が気になり積極的に満開の花は写せません。私のカメラと腕では難しく自分でもその印象が違ってきます。そこはもうそれ瞼でシャッターを切るということにして具形化するのは止めておきます。そんな訳で今日はデジタルカメラがなかった時代の写真から。これはもういくらこうだったよと言っても過去だから想像だけしか出来ないということで(笑)

春になると思い出すのが北海道の春です。その中でもお気に入りの場所のひとつがこの富浦の岬です。登別からテクテクと歩いて辿りついた俯瞰場所です。富浦の方が近いですが停車場なので停まる列車が少なくありませんでした。
そこは嘗ての同士が切り開いて下さってであろう細く険しい道を上って行きました。今から考えると滑り落ちたらどうするの?って怖くなります(笑)。 まぁそこはそれ若さと地元の山をハイキングしていた経験で無事山頂にそして下山できました(^^)

この富浦は何回もUPしていますのでまたこれかと思われそうですが最近お越しの方もおられますので厚かましくも改めてご紹介です(^^)

q328z.jpg

今日の写真はこちらのカラー連続写真の中の一コマです。
また別の 関連ページで白黒フィルム撮影分がありましてこちらになります。

そして こちらに。 1列車を登別駅の出発から撮ったものを。  また同じようなことをゼロロク貨物でやってみたいところですが足の事を考えるとできませんね(涙)。
1975年 昭和50年 5月 富浦
スポンサーサイト

ギースルD51349色つけ(登別)

今日は昼から「windows 更新しますので電源を切らないでください」の表示が出てまたいつもの更新だと思ってしたら、いつ終わるやら?いつまで経っても「更新中」の文字で作動中。これがなんとお昼から夕方まで6時間近く、6年前のwindows7だから立ち上がりの遅さとか動画のフリーズは我慢して一応諦めてはいましたが今日半日使えなかったのは参りました。
本日のカラー化は白老から2つ隣の登別です。
このドレインの中に撮り鉄さんが隠れています。これも45年経っての新発見です。この煙もドレインもあちらさんにサービスだったんですね?まぁ私は機関士さんからは見えませんからね、ありがたく頂きました(^^)

colorized79s.jpg


colorized80s.jpg


colorized81s.jpg


colorized82s.jpg

まもなくトンネル 汽笛一発です。
昭和50年 5月2X日 登別 下り貨物 D51349   モノクロの過去ログがこちらに

悠久の景色に思いを(富浦)

本日のカラー化は お気に入りの生涯もう撮れないであろう大好きな心ときめくショットから、
昭和50年5月 富浦停車場を見下ろせる岬の山上より俯瞰撮影です。
登別を出る汽車(この列車) と室蘭方面から来るC57の旅客がこの辺りですれ違っていました。残念ながらこの日は足元下のトンネル内でした。それも上下別れたトンネルなので機関士さんもお互い分からずですね(^^)
そんな私にとって何度も訪れたお気に入りの場所でした。山側から撮っても良し、さらに海側から撮っても良し。それはもう至福の時でした。帰りの登別までの道がなんとも足の軽かった事(笑)
元画像はこちらです

colorized33.jpg


colorized34.jpg

海の青い色がでませんでしたね? PCのソフトで弄ってみましたがこのソフトでは難しかったです。 遠く去りゆく煙の景色も撮っているのですがカラー化ではちょっとね、モノクロのままで良かったです。
別の時にカラーでも撮りましたがネガの劣化で再現はこれと同じくらいになってしまいました。何しろ写真技術も分からず写っておれば良いやと後処理も考えて値段優先でフィルムを買っていましたのでプロの方が使っているコダックは考えも及びませんでした。

夏の日暮れにC57135(登別)

C57といえば今ネットで目に付くのはC57117、ですが、凄い広告量ですね?
鉄道関連のページは言うに及ばず一般ページにも。売れて欲しいです。個人的に(笑)
でも今回は117でなく、私はSL旅客最終牽引機C57135の普段の風景からご紹介を(^^)
PC用のスキャナで取り込んだ画像がありましたので、日付で分かっているのが9/9は追分で雨、9/10は豊冨で撮っていたとネガにメモが。ですからこれを除いた日に。8月末~2週間行ってますので。。。。幅が広いですが(笑)また分かりましたら修正します。
この列車 既UP分からご紹介を、まずは乗って来て車内から登別到着風景と 出発から目の前通過までがこちらで、今回はPC用スキャナで取り込んだもので(ただ1分以内ですので再取り込みの余地在りですね。でもそれまで。。。。か? これは禁句ですね(笑)

c1656v.jpg

c1658v.jpg

昭和49年(1972年) 8月末か9月初め 登別にて

漁港にて(登別)

登別駅の北側には漁港がありました。登別で漁業がされていたことは知りませんでした。
まぁ、海があるから当然ですがこんなに立派な漁港があるとは、
日本の何処でも見られる砂浜に漁船が引き上げられている風景しか想像できませんでした。
そして蒸気機関車と漁船が写せるのが新鮮で、嬉しかったです。
そんなこともあり登別へは駅の北側も南側も絵になる地形なので写欲をそそられ何度も通いました(^^)

cPICT0588s.jpg

たぶん昭和50年の8月だったと思うのですが、それともその年の5月だったのか?確定しましたらまた補足しておきます。(^^)
何しろ2年前早くデジタル化しなくてはと気持ちが焦って簡易スキャナを買い無作為に取り込みましたもので。。。。
【 補機(笑) 補記 】
佐倉様のCMで 登別港調べましたら来週 花火大会があるようです。
それにメインの港はこの丘の後にあるようですね。ここは待避場所のようで、あとで作られたのでしょうか?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR