目の前に止まったC58221(吉野口)

またまた罐番日付コラボにて、46年前の夏の日でした。
ピント合わせせずいつ動き出すか分からなかったので慌ててとりあえずシャッターを切りました。当時は何しろカメラ初心者ですのでファインダーに目にした通りに写るように念じ押せば見た通りに写ると思っていました。(笑)
タブレット・キャッチャーがありますね?そういえば駅長さんがタブレット渡していましたね。 この当時同じ単線でも福知山線はタブレットは使われていませんでした。逆に福知山線は腕木信号で和歌山線は電気信号だったですね。この辺りの事もっと撮っておけばと後悔しています。でも写真代がね、当然です。(笑)

                    PICT1594v.jpg

1970年7月23日 吉野口 524レ王寺行きを 525レ車内より撮影 この時のまともな写真がこちらです。過去ログより。
スポンサーサイト

45年前の夏休み(吉野口)

昨日の続きです。数少ないコマのなか、フィルムをケチってそんなに撮れませんでした。
せっかくの日帰りSLローカール線巡り、思い出に残すには少な過ぎました。
私が乗った525レ王寺(07:46発)紀和行きは(昨日確かめず和歌山市行きと書きましたが時刻表を見ましたら違っていました。紀和から和歌山市までは何で行ったのでしょう?気になります。和歌山市からの写真が残っているので)
高田で王寺行き 522レ(08:10)と交換し次は吉野口で524レ(08:45)王寺行きと交換です。
これで朝の客車列車の交換は終わりです。後は夕方まで関西本線を突っ走っていた快速型DCの各停のみになります。
夕方の通勤列車も撮りたかったのですが未だ自由に動けなかった身、お金もありませんし「受験勉強しい!」の嫌みに負けてました(笑)
そんな中夏休みに入って直ぐ朝一で出かけて行きました。暑かったと思います。冷房がなくても走行中窓から入って来る風に癒やされていました。 
近鉄南大阪線との共同駅でしたので国鉄線側も架線が張ってあります。橋本で南海電車。近鉄も南海も同じ軌道幅ですので南海甲種など深夜にこっち廻りで和歌山に送られているなんてねぇ、

PICT1593v.jpg

PICT1591v.jpg王寺でこれを最後部に連結しました。

吉野口を出てゆっくりと右にカーブして山の中に入っていきます。でもトンネルはありません。谷を縫って山越えです。

PICT1595v.jpg

PICT1596v.jpg

1970 昭和45年 7月23日 吉野口ー北宇智

暑い朝、上り通勤と交換(高田)

今日も暑かったですねぇ TVでは近畿各地で35℃の高温のテロップが流れまくってました。
昔もこんなに暑かったんでしょうかね?暑かった筈ですが、今に限ったことではないと思うのですが(笑)
そんな45年前の夏模様を(^^)
和歌山線は王寺から和歌山行きの鈍行に乗ってSL撮影行です。
午前の定期列車 高田で私の乗ったC58の牽く各停が王寺行きと交換です。
今振り返って見てこの駅進入、後年の私ならこの交換風景を到着からお互いの出発風景、
そして停車中は人の流れ、跨線橋の形態、階段なんか興味ありますね(笑)そしてタブレット交換。
書いていて湧く湧くしてきました。もう出来ないのにね(笑)
どちらも8,9両編成ですのでタブレット交換の受け渡し大変だったでしょうね?
単線の駅ではよくあった停車位置が先頭同士が隣り合わせの位置になっていません(?)ので
どちらかが遅れたら大変でしょうね?

PICT1592v.jpg

1970 昭和45年 7月23日 高田

二上山とC5756(五位堂)

某誌で「名山と蒸気機関車」募集締め切りが明後日、
探してみましたがネガに傷が付いていました。カラーの劣化も甚だしい。
モノトーンにしても無理ですねぇ (涙) 残念でした。自分の所だけで発表します(^^)
昭和46年お正月、元旦に王寺で和歌山線の朝の客レを撮り、家に帰ってもその美しい動きの残像が脳裏にこびり付き我慢できずまた出かけました。
生まれて初めてお雑煮を無視して、所謂 家のしきたりを無視して出かけました(笑) でもそれが結果的に大成功、というか大阪への通勤圏内にある和歌山線の日常のありきたりの風景が撮れました。こんな写真が撮りたかったのです。ただもっと勇気を持って思い通りに出かけておればもっと人生に悔いがなかったでしょう?でもそう出来なかったのも私の人生ですが(爆)
麓に当麻寺がある万葉の山と和歌山からやってきた紀伊田辺のC5756、 いつもC58だったんですがこの正月はこの罐が運用に入っていました。思わぬサプライズで嬉しかったです。(^^)

PICT0061v.jpg

昭和46年1月3日 五位堂信号所、現在は通常駅になってます。
こちらに以前UPしました連続写真を。^^。

盛夏のC57 和歌山

現役蒸気時代を、後の番号が偶然 繋がったということで C58118 【竜】 C57119 【和】
くそ暑い夏場のことです。王寺07:46発の和歌山線は紀和行き C58221【田】牽引525レに乗車です。
列車は軽快に吉野口、北宇智、五条とサミットを越え下っていきます。橋本を過ぎ、和歌山に近づきます。 
粉河10:03 ホームに滑り込みますと 反対側ににはC58118 592レ(09:47~10:10)が停車中でした。

PICT1598s.jpg


そして列車は10時半過ぎ 和歌山機関区の横を通り過ぎます。 何が停まっているか?カメラを向けましたが走行する窓からは1機だけしか目に付きませんでした。

PICT1599s.jpg

そして10:41に紀和到着、そしてここでC5756 【田】 牽引の次駅2駅だけの和歌山市行き227レに乗り換えです
(の筈です。記憶がないのですが、時刻表を見ておりましたらそんな気が) 10:53 → 10:57 和歌山市到着です。
そしてここで機回し 紀伊田辺行き1134レ 11:05 乗車、当時は高校生の身、予備のフィルムなど持っていませんでしたのでこの動きを記録していません。当時の当たり前の風景が愛おしいです。

PICT1600s.jpg

このあとの動きはまた。。。。  昭和45年7月23日 和歌山線

続きを読む

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
現役蒸気機関車晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしデジカメを持った途端また写真に目覚めました!CANON:SX110ISから現在はニコンD3200に◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化しては青春時代を思い出しております。ただ大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★お断り★ 著作権は放棄しておりません★ ★ ★ ★ ★ ★】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR