真夏のC57152回送通過(中山寺)

本日「わが国鉄時代 VOL17が届きました。 いや~、感動です。
いつもわが国鉄時代の写真には感動させられます。著名人の写真も良いのですが我々と同じようにその時々を撮られた写真ですので身近な景色が多く嬉しくなります。
また今回気づいたのですが皆さんピントが皆合っていて綺麗に拡大に耐えられるようでして感心しきりです。
何分小生当時もカメラ知識がなく写っていれば良いという、ピント合わせも確実にせず、ファィンダーに入った景色がお気に入りなら直ぐシャッターを切ってしまっていました。 ここで一呼吸おいてピント合わせをすればもっと後世に耐えられる写真になったのでしょう。
今回のお気に入りはp31の「秋の夕暮れを行くC59」の写真です。後ろに写っている駅舎の屋根です。昔はみんなあんな風な駅舎だったなぁと。ゆるやかにホームを滑り込むC59列車、斜め後ろから差し込む夕日が嘗て同じような景色を見た中山寺駅を思い出しました。
こちらの未公開コマになります。

aPICT1566s.jpg
1970年 昭和45年8月 お盆か? 中山寺駅
スポンサーサイト

列車接近表示発見(中山寺駅カラー化)

本日のカラー化ネタは 暑い夏の夜のローカル駅風景にて。
ローカルという表現がふさわしいのか?使いたくないような使いたいような(笑) 
だって当時にしても大阪梅田から並行する阪急電車に乗れば30分で来られる場所なんですもの。
ただ国鉄時代は1時間に1本しか普通列車が通らなかったという不便さだけだったので
これがローカルというのでしょうが(笑)
列車接近表示灯が備え付けられているのは今の今まで気づきませんでした。蒸気が走っていた頃はありませんでしたから。

colorized56s.jpg

- - - - -- - - - colorized57s.jpg

なぜ今まで気づかなかったのか、やっと分かりました。過去ログでUPした写真を検索して判明!
この警告板は列車が接近しないと光りませんからそれで写真では黒く埋もれて気づきませんでした。それが40年以上経って分かるなんて。。。。加工した写真を眺めるに色といいホームの長さ、懐かしさがこみ上げてきます。こんなんだったなぁと、出来るものならまた撮りに行きたいです(^^)

d-56s.jpg   通過ではありません。普通ですので停車します。

40年ほど前の夏 中山寺駅にて、

さりげなく70000カウント

拙ブログもお陰様で2011年1月から昨夜で7万カウントされました。これまで記念カウントがあっても何もしませんでしたが今回は Lucky 7 ということで無理やり(笑) ちょこっとHappyにさせてもらいます(笑)
先月UPの中より もう一度カラー化してみました。 「まつかぜ」の文字がこっち方がちょっと読めました。地元で「やくも」の写真も撮っていましたのでどっちか分からなくなり再確認の為に拡大してみました。まぁ色はこんなもんですね(^^)

naka1s.jpg
中山寺駅

昼間の「まつかぜ」中山寺駅

新たな祝日「山の日」だそうで、今年はお盆前に程よい距離で祝日になりました。
帰省される方には助かりましたね?高速道路の渋滞も前倒しで今日から混んでいます。
そして当方は父の初盆です。朝の涼しい時に来ていただきお勤めしてもらいました。
10日を過ぎると少しは夜中と朝は涼しくクーラー要らずになりました。
今日のカラー化は40数年前の中山寺駅です。 昼間にも特急「まつかぜ」が走っていました。これは鳥取からの分で「まつかぜ1号」そして有名な博多からのロングランは「まつかぜ2号」 そして知らぬ間にこのスジの特急が「やくも」に変わっていました。きっと老舗が2号では?それに間違えにくいいように名称を変えたのでしょうかね?この辺のいきさつは覚えていません。そして新幹線が岡山まで開通まで福知山線を「やくも」の名称が。。。。

単線でしたので16:46 発の下り福知山行き普通が待避しています。やって来ましたのはちょっと短め編成の「まつかぜ」です。
ロングランは結構長かったような?

colorized1.jpg

昭和48年か49年の夏 中山寺 

国鉄時代の中山寺駅でC5741

「わが国鉄時代」#16が届きました。近畿地方の国鉄写真、どうしても加太や播但線になってしまいますね。仕方ないです。
そんな頃交通費も工面できませんでしたので地元撮りです。
福知山線の定期は前年に無煙化され通るのは臨時運用のみでした。 ですから何時通るか分からない列車を知るために毎週のように駅に行っては臨時列車運行表を見せて貰っていました。都会の中にあってあれっ?というようなローカル駅でしたのでそんな融通も利かせて下さったのでしょう。でもせっかく親切にして下さった駅員さんとも蒸気が通らなくなったら自然と足が遠退き受験もあり不義理をしてしまいました。今こうやって公に残すことできるのが少しでもの恩返しになるのかとも思ったりして自分を慰めています。
今回のは以前UPしましたものから未公開のコマを。
昨晩C5741が客車を福知山から大阪へ持って来たその帰りです。朝の定期便の後に付いて戻っていきます。後補機ではなく所謂ムド回送みたいなもので今みたいに前に付けて帰りません。何しろ罐に火は入ったままですので機関士さんも機関助士さんも乗務帰還です。

PICT1436v.jpg
今ではとてもこんな構図で撮れませんね(笑)

PICT1438v.jpg 結構凸凹になってますね。
今頃発見です。じっくりと見たことありませんでした。何しろ少ない情報量ですから(^^)

PICT1439v.jpg
この動輪何度見ても惚れ惚れします。この曲線が作り出す鉄の造形に魅惑されます。

PICT1441v.jpg - - - PICT1442v_2016051219453475a.jpg
まだまだ内線に貨車が駐留されていますね。貨車が要るような荷物があったようには思えなかったのですが、それに毎回止めたアル貨車も違っていましたので、これも組み替えというかどうやって組み立てるのでしょか?それも貨物のスジがあったのでしょうか?あったとしても通過とばかり思い込んでいました。 宝塚にも生瀬にも武田尾にも否 各駅に貨物引き込み線がありましたから、いつやっていたのでしょう?大きな疑問が湧いてきました。

PICT1442sa.jpg
拡大でトリミングしてみました。この時の後姿の助役さんに親切にしてもらいました。その後武田尾へ移動になられたとお聞きしましたが会いに行かず後年なんで行かなかったのかと悔いが残りました。
いつも写真や録音をしているのを見つけると大概ドレインを出したり煙を上げてプッシュして下さいました。偶にスルーの時もありましたが(笑)大概サービスして下さいました。それだけに乗務員さんにも恩返しが出来ず残念です。経済的に余裕があれば写真を焼き回ししたりして差し上げるのでしょうが。。。。。高校生の身、世間知らずでした(汗)
昭和45年 詳しい日付は追跡していません。メモは残しているので分かると思うのですが。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

郷愁紀行

Author:郷愁紀行
蒸気機関車現役晩年に九州、北海道と夜行列車を定宿にひたすらSLを追いかけてました。しかし全廃で鉄道への興味も薄れ、JR化と家庭を持ったことで更に遠ざかりました。しかしPOWERSHOT:SX110ISを持った途端、また写真に目覚めました。現在はD3200も◆国鉄ノスタルジーをメインに過去の撮り貯めた写真をデジタル化して青春時代を思い出し息抜きしております。ただ*大半のメモを紛失してしまい、あやふやな記憶でデ-タ-を書いておりますので正誤の程はご寛容に(^^)
【★著作権は放棄しておりません】
2011年1月開始

最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR